FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

横森「水道道路」を歩く・手形山送水管

▲「水道道路」とは?

前回記事「金照寺山東部・閉ざされた水道トンネル・一つ森公園」のつづき。

手形山送水管

雄物川を水源とし「仁井田浄水場」で浄化された水道用水は、内径 1,000mm の太い送水管で「手形山配水場」へ送られ、高台の配水池から市街地に延びる配水管を通って各家庭の給水管に給水される。

送水管の大半は旧農道を含めた公道の地下を通っているが、コース上に田畑や山地が存在したため、それら私有地の一部を買収して送水管を埋設した。

一つ森公園・送水トンネル

ピンクでマーキングした金照寺山(一つ森公園)の「送水トンネル」から南側(楢山側)に延びる送水管は公道(旧農道)に沿って埋設されている。

「送水トンネル」を抜けた北側(横森側)は、水田と丘陵の一部を水道用地として買収して送水管を敷設。

今ではすっかり宅地化された横森地区で、生活道路として利用されているこの道も、当初は水田と丘陵を横切って延びる水道専用の道路であった。

地下に太い送水管が通る、以上のような水道専用道路を「水道道路」または「水道道 (すいどうみち)」と呼ぶ。「送水トンネル」もまた「水道道路」の一種。

今回は「手形山送水管」コース上にある「水道道路」のなかでも、最も見どころの多い、横森の「水道道路」を歩く。

まずは、国土地理院地図で横森「水道道路」の概要と地区の変遷を提示。

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」

地下に送水管が埋設されている「水道道路」を、水色の破線ラインでマーキング。水色の実線ラインが公道の地下を通る送水管。

手形山送水管横森水道道
▲昭和37(1962)年撮影 送水管敷設予定地

水田と丘陵が広がる、送水管敷設直前の横森地区。「秋田市水道局」による、上水道第4期拡張事業(昭和38年4月〜44年3月)で、この地に送水管を敷設するための「水道道路」が造られた。

手形山送水管横森水道道
▲昭和51(1976)年撮影 宅地化が進む横森地区

手形山送水管横森水道道
▲平成21(2009)年撮影

上掲画像右上の空白地帯は昭和52(1977)年建設の「横森グラウンド」。秋田市の緊急避難場所に指定され、正式名称を「横森地域運動広場」という。あとで説明するように、このグラウンド、かつては小高い山地であった。

▲横森「水道道路」を下流(北)へ歩く

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」南端(一つ森公園)から北を望む

手形山送水管横森水道道
▲「送水トンネル」出口付近から横森「水道道路」を望む

「送水トンネル」の出口から北へ一直線に延びる横森「水道道路」。

かつては左手の住宅地まで延びていた「一つ森公園」に連なる丘陵(画像右手)の山裾を切り崩して送水管を埋設した。

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」注意看板

横森「水道道路」途上の注意看板。

注 意
この付近には重要水道管が埋設されています。 破損漏水がありましたら下記までご連絡ください。
秋田市上下水道局

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」中間地点(丘陵)から南に位置する「送水トンネル」を望む

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」

中間地点を過ぎると標高が上がり、やがて丘陵を切り開いた蛭沢(ひるさわ)の切り通しに到る。

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」蛭沢の切り通し

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」蛭沢の切り通し

切り通し西側(画像左手)の新興住宅地は蛭沢の丘陵を平(なら)して造成。東側の一部(画像右手前)も丘陵を崩して畑地を造成している。

手形山送水管横森水道道
▲色別標高図(現状)

出羽山地に連なる蛭沢の丘陵は早くから畑地・宅地などに開発され、もはや原形をとどめていない。

例えば、上掲「色別標高図」の右上にある平地「横森グラウンド」(横森地域運動広場) も、丘陵を切り崩して造成した場所。山地を崩して出た大量の土砂で水田を埋め立て、市が分譲用の宅地を造成したという。

昭和52(1977)年4月以前の旧地名を秋田市下北手桜字苔良谷地(しもきたて さくら あざ こけらやち)という現「横森グラウンド」の地がまだ丘陵であった昭和28(1953)年、その高台の上に「敬愛学園高校男子部」が開校するも、2年後に校舎を全焼したため「横森橋」近くに校舎を移転。その後、千秋公園前の本校「敬愛学園高校」(女子校) と統合されて男女共学となり「国学館高等学校」と改称されるのだが、その話はまた別記事で。

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」切り通しの石柱

蛭沢の切り通しの東側、法面(のりめん)の上に「秋田市水道局」を表す「秋水」と刻された、水道局の所有地を区画する石柱が数本並んでいる。

手形山送水管横森水道道
▲25000分の1地形図 明治45(1912)年惻図

古い地形図を見ると、切り通しの真上に学校を表す「文」の地図記号が見える。

明治33(1900)年、蛭沢の高台に「下北出村立西尋常小学校」開校。その当時の地名は河辺郡下北手桜字蛭沢。

大正12(1923)年、同校は「下北出村立東尋常小学校」と合併「下北手尋常高等小学校」と改称して廃校。今の「下北手小学校」および「下北手中学校」のルーツだ。

切り通しを過ぎると間もなく横森「水道道路」の終点に到る。

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」終点

南(画像手前)から北に延びる「水道道路」と、ゆるやかな曲線を描く古道が交差する地点。

かつては水田と谷間を通る、細い小道がつづいていた、明田方面からつながるこの古道を歩いて、江戸後期の紀行家・菅江真澄は、文政5(1822)年の春、上北手大戸の肝煎・松淵家を訪ねた。

菅江真澄が歩いた、往時の丘陵地帯の面影を今に残す、こんもりと緑濃い森は、古くから部落の共同の墓地であった「苔良谷地(こけらやち)共同墓地」。

前出の国土地理院地図では、この付近に神社記号が見えるが、共同墓地の南麓、古道に面して存在した「愛宕神社」は、今(2020年)から18年ほど前に廃社となり、社殿は解体されてしまった。

上掲「横森水道道路終点」の Google マップ画像をよくみると、クリーニング店の赤屋根の上に白抜き文字で「愛宕神社」の名がいまだに残る。しかし、実際に神社があったのは、クリーニング店西隣の空き地。消失した当神社についてはまた別の機会に。

手形山送水管横森水道道
▲横森「水道道路」終点から南を望む

苔良谷地(こけらやち)共同墓地の北麓に「横森三丁目公園」と「横森三丁目公民館」(上掲画像左手) がある。かつては水田であった同公園は「秋田市水道局」の所有地、公園の地下に送水管が埋設されている。

次回は「手形山送水管」コースを北上、横森から太平川を越えて広面へと足を向ける。

手形山送水管横森水道道
▲手形山送水管 楢山・横森・広面地区

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金照寺山東部・閉ざされた水道トンネル・一つ森公園

▼裏山の閉ざされたトンネル

一つ森公園・送水トンネル
▲送水トンネル 楢山側

僕らが裏山と呼んでいた金照寺山東部、現在の「一つ森公園」の麓に古めかしいトンネルがある。今は封鎖されているが、かつては誰もが自由に通行できるトンネルだった。

一つ森公園・送水トンネル
▲送水トンネル 楢山側

一つ森公園・送水トンネル

銘板を見上げると達筆で「秋田市と水道 送水トンネル」その右下の銘板に、完成年月である「昭和四十年九月」につづき、管理者の氏名が刻まれている。

あとで説明するが、上掲画像の楢山側がトンネル入口、山向うの横森側が出口だ。

一つ森公園・送水トンネル
▲送水トンネル 横森側

一つ森公園・送水トンネル
▲送水トンネル 横森側

横森側出口は下部が堆積した土でふさがれ、まるで遺跡のような風情がある。

一つ森公園・送水トンネル

▼送水トンネル建設の経緯とその役割

一つ森公園・送水トンネル
▲金照寺山 送水トンネル工事 

時代は高度経済成長期にあたる昭和30年代後半。急速な人口増加、工業団地の整備などにともなう水の需要増に対応すべく「秋田市水道局」は上水道第4期拡張事業(昭和38年4月〜44年3月)に着手。

拡張事業の一環として「仁井田浄水場」から、新設される「手形山配水場」への送水を目的に、金照寺山東部の丘陵を貫いて、送水管を通す(埋設する)ためのトンネルが、昭和40(1965)年9月完成する。

雄物川を水源とする「仁井田浄水場」から「手形山配水場」まで、延長 9,460m、内径 1,000mm の送水管を敷設する大工事。送水用の銅管は馬車で、冬は馬そりで運んだ。

水の流れは仁井田から手形山へ向かっているため、楢山側がトンネル入口、横森側が出口となる。

手形山送水管

▼送水トンネルの開放と再閉鎖

開通後は水道局の管理用トンネルとして、常時は施錠されていたが、やがて付近の農家から「トラクターなどの移動に使わせてほしい」との要望が寄せられた。

山向うの田んぼまで農作業に向かうとき、従来の山麓迂回コースと比べ、トンネルを利用すれば大幅な時間短縮となる。

そのような目的ならば特に問題はないだろう、と当局は通行を許可。以降、トンネルは一般に開放され、誰でも自由に往来できるようになった。

裏山(現・一つ森公園)の水道トンネルが開放されたらしい、との噂を耳にして、悪友たちと連れだって探検に出かけたのは中2の頃だったか。

トンネルの両側には当初、一面の田んぼが広がっていて街灯も少なかった。トンネル内に照明装置はなく、夜になると真っ暗闇になる。夏の肝試しには最適な環境で、幽霊に遭遇した、痴漢が出るらしい、などの噂も。

トンネルの闇に隠れてシンナーを吸っていた中学生が補導されたことをきっかけに、近くの学校や保護者が「非行の温床になりかねない」と封鎖を要求。昭和57(1982)年、送水トンネルは再び閉じられることに。

同地区の宅地化も進み、トンネルを便利に使っていた農家が減少したこともあってか、封鎖に反対する声も上がらなかった。

封鎖後の一時期「秋田消防本部」がトンネル内で、煙中救助訓練を定期的に行う。

トンネル封鎖の翌年、昭和58(1983)年3月「一つ森公園」が華々しくオープン。

次回は送水トンネルから北側の、水道道路・水道橋や三日月湖のお話しを。

一つ森公園・送水トンネル
▲昭和37(1962)年撮影 送水トンネル開通前

一つ森公園・送水トンネル
▲昭和51(1976)年撮影 宅地化が進む横森地区(送水トンネル出口側)

一つ森公園・送水トンネル
平成21(2009)年撮影

一つ森公園・送水トンネル

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪の足跡・野良猫の出入口

野良猫の出入口

秋田市川反の飲食店の床下に通じる通気口は野良猫占用の出入口

人家や神社仏閣の縁の下は野良猫にとって寒さをしのぐ住み処となるが、最近はたやすく縁の下に進入できる建物が少なくなった

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1981 漫画喫茶「ちろりん村」仲小路ビルにオープン

漫画喫茶ちろりん村▲1981(昭和56)年12月 新聞広告

あなたは5,000冊の漫画を読破するのに何日かかる!?

12月10日 AM8:00
仲小路ビル3階に漫画5,000冊を取り揃えた
話題のマンガ喫茶
コミック&喫茶 ちろりん村 OPEN!!

お仕事前のいこいのひとときに、又モーニングサービス、ボリュームある昼食にご利用下さい。

コミック&珈琲
ちろりん村
秋田市中通二丁目1の48(仲小路ビル3F)
営業時間AM8:00〜PM8:00

1981(昭和56)年12月10日、秋田市「仲小路ビル」3階に漫画喫茶「ちろりん村」オープン。おそらくこれが秋田初の漫画喫茶。

漫画喫茶から発展した現代のネットカフェのような個室や客席の間仕切りもなく、時間制限もない。書棚に囲まれたオープンスペースに簡易なテーブルと椅子を配置した店内。

オープン時点で PM8:00 とやけに早い閉店時間は、間もなく PM9:00 までに延長される。

広告のイラストに当時の人気漫画『Dr.スランプ 』(ドクタースランプ)の登場人物が使われている点については、著作権者に関する記述が見当たらないため、無断使用の可能性が高い。

現在ならば新聞広告掲載基準によって掲載を拒否され、手直しを求められる案件だが、当時はまだ著作権に対する対応が今のように厳格ではなく、特に地方紙においてはルーズさが残っていて、たとえば同時代の80年代初頭に掲載された、ディズニーのキャラクターを使用した食堂の新聞広告(近日公開予定)のように、稀に著作権を無視した例が見られた。

漫画喫茶ちろりん村

 県内では珍しい本格的な漫画喫茶=写真=がこのほど、秋田市中通のビル内にお目見えした。

 今まで漫画を置いている喫茶店は数多くあったが、五千冊以上もそろえたのはおそらく始めて、八畳二間ほどの広さの店内には入口正面から壁という壁に漫画がギッシリ。つい立式の本棚まである。

 客はやはりヤングが多い、という。午前八時の開店時間になると、出勤前のサラリーマンがモーニング・サービスを食べながらベージをめくる。また午後は、高校生や大学生が教科書はそっちのけでコーヒー片手に読みふける姿が見られる。いずれも無言。軽いポップ調のBGMを聴きながら「Dr・スランプ」などを読む姿は、やはり現代若者の一風俗か?

 今後、客の要望にこたえて随時漫画を増やしていくそうだが、コーヒー一杯で何時間も漫画に熱中する人ばかりだったらどうするんだろう?

1981(昭和56)年12月21日『秋田魁新報』より

漫画喫茶ちろりん村
▲『週刊アキタ』より

店名の「ちろりん村」は、NHK総合テレビで昭和30年代の夕方に放送された連続人形劇『チロリン村とくるみの木』から拝借。

1990年代前半、漫画喫茶「ちろりん村」閉店。

1991(平成3)年頃の「仲小路ビル」テナント

BF
ぱいたん倶楽部
占い館1999
やき鳥 車

1F
私の部屋 (株)平惣
ポルト
弥助そば 秋田店

2F
れもん
朱鷺
デジャ・ブー
ダックスフンド

3F
トライアングルクラブ
ちろりん村
メゾ148

秋田市仲小路ビル▲2004.07 仲小路ビル

2004(平成16)年撮影の写真から看板類に記された店名を拾ってみる。

まず1階入口付近に「冷し中華」の幟旗と「ぱいたん倶楽部」の看板がある。1階エントランスから階段を降りた突き当たりの地下1階、豚骨の香りが染みついたラーメン屋「ぱいたん倶楽部」は当地で創業し、2020年現在、秋田市広面字樋ノ沖で営業中。

入口の左手にスパゲッティ&ワイン「ポルト」。そば粉を使った生地で梅餡をつつんだ、そばまんじゅうが名物だった「弥助そば」秋田店。角地の雑貨店「私の部屋」と並ぶ。

当ビルで長く営業した「ポルト」は、秋田市山王にイタリアンレストラン「ミラノ食堂」と名を変えて移転後、2017(平成29)年「サンパティオ大町」内に移転「ミュージックバー ポルト」と、元の店名に戻った。

2階のテナントはスナック「朱鷺」広島風お好み焼き「れもん」定食屋「お万菜」。

その後の「仲小路ビル」については下記関連記事を参照のこと。

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT