二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「袋小路のイチョウ」と「濯纓楼」跡・金照寺山麓

▼保存樹「袋小路のイチョウ」

秋田市楢山大元町の奥羽本線(秋田新幹線)鉄橋方向から、金照寺山北麓を流れる太平川沿いの土手を川下(西)に向かって進むと、やがて右手にイチョウの大木が姿を現す。

太平川
2013.11

旧町名・楢山字楢山、俗称を「袋小路」というこの地は、土手の突き当たりが羽越本線鉄橋で行き止まりのため、散歩する人もめったに入らず閑散としている。

袋小路のいちょう
2013.11

「袋小路のイチョウ」秋田市楢山大元町・鈴木家地内
昭和49(1974)年10月11日 秋田市保存樹指定19号
推定樹齢450年

袋小路のいちょう
2013.11

袋小路のいちょう
2013.11

袋小路のいちょう
2013.11

大樹の下に、子育てに御利益があるという「姥権現」(うばごんげん)の祠(ほこら)が鎮座し、幹から「ちち」と呼ばれる気根が下垂。

袋小路のいちょう
2013.11 気根・乳状下垂

お婆さんの乳房のように垂れ下がった「ちち」をなでれば、母乳の出が良くなると信じられ、近在の妊婦、子育て中の母親が参詣したものという。

イチョウの気根にまつわる、同様な「授乳祈願信仰」は各地に分布し、「姥銀杏」「銀杏姥神」「乳母神」などと称されている。「姥・うば」と「乳母・うば」はダブル・ミーニング(両義語句)。

袋小路のいちょう
2013.11

袋小路のいちょう
2013.11

袋小路のいちょう
2013.11

いちょう
2013.11

いちょう
2013.11

いちょう

太平川
2009.04

太平川の「袋小路のイチョウ」付近は、川底が岩盤の浅瀬で、夏になると絶好の遊び場になった。

古老の話によれば、このあたりを「サナ」と呼び、ヤツメウナギが良く採れたという。「サナ」は産鉄・砂鉄に関わる地名。太平川の「サナ」は、地形的に砂鉄が溜まりやすい砂鉄採取地だったのかもしれない。
 

▼文人サロン「濯纓楼」跡

江戸時代中期「袋小路のイチョウ」の西側に、三代目・伊勢三安(儒学者で久保田藩の医師)が「濯纓楼」(たくえいろう)と薬草園を造営。城下の文人墨客が交遊するサロンとなった。

景勝の地・金照寺山と太平川を臨む、二階の三方向に露台(和式バルコニー)を設けた「濯纓楼」はその後、勘定奉行・吉川楽斎の別邸に。天保2年(1831)、江戸で人気の漢詩人・大窪詩仏(1767-1837)が、来藩のおりに訪れ詩歌を詠む。

大窪詩仏
大窪詩仏『詩聖堂詩集』第三編(天保九年刻成)より「吉川氏濯纓楼」

金照寺山
2004.02

濯櫻楼址
2013.11 「濯纓楼」跡と羽越本線鉄橋

詩仏来し濯櫻楼趾茄子木枯れ 境田素洞(楢山愛宕下の俳人)

かつて「濯櫻楼」が存在した畑に残る茄子の枯れ木。その畑地の一部は、平成初めの護岸拡張工事を経て土手に変容、樹木も伐採され、往年の野趣を失ったが、太平川と金照寺山を望む光景は、江戸時代の文人が遊んだ昔日のおもむきを今に残して、静かに時が流れている。

太平川
2009.04 下流から金照寺山を望む

太平川
2013.11 下流から「濯纓楼」跡を望む


大きな地図で見る
袋小路のイチョウ

 _________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 Y字路に謎の石柱・石敢當 大窪詩仏関連

二〇世紀ひみつ基地 二〇世紀版「金照寺山」案内記
「金照寺山」二〇世紀ひみつ基地内検索

二〇世紀ひみつ基地 城下の要害「鷹の松」今昔
二〇世紀ひみつ基地 城下の名残「鑑の松」貞節の鑑
二〇世紀ひみつ基地 殺された保存樹たち・寺町定点観察
二〇世紀ひみつ基地 伝説の大イチョウ・座頭小路
二〇世紀ひみつ基地 樅の木は残った・千秋公園
二〇世紀ひみつ基地 大門の玉椿あり黄金谷・新屋名物
二〇世紀ひみつ基地 城下の面影「遺愛の松」名木残影

関連リンク

大窪詩仏 hc_storia
大窪詩仏 - Wikipedia

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今は亡き祖父にせがんでこの鉄橋まで電車を見に行きました。
20数年も前になりますが、写真を見ると思い出すものですね。

| カツラ | 2013/11/25 23:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/997-210598ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT