二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アンモナイトの螺旋「秋大鉱業博物館」美階段

秋田大学鉱業博物館

秋田大学大学院工学資源学研究科附属「鉱業博物館」
秋田市手形大沢(手形山)

昭和36(1961)年竣工
設計・大林組設計部

鉄筋コンクリート三階建て(研究棟四階建て)

秋田大学鉱山学部創立50周年記念事業として、卒業生らの寄付金をもとに建設
旧称・秋田大学鉱山学部附属「鉱業博物館」
鉱業および鉱石に特化した国内唯一の博物館

秋田大学鉱業博物館

秋田大学鉱業博物館

秋田大学鉱業博物館

サンダーバードの秘密基地を思わせる円形建築の、丸天井から注がれる柔らかな自然光にライティングされた、昭和30年代に造られたとは思えない、モダンな螺旋段を中心に、周囲に展示室を配した構造は、アンモナイトをイメージして設計されたという。

秋田大学鉱業博物館

秋田大学鉱業博物館

秋田大学鉱業博物館

秋田大学鉱業博物館

一階ホールの中心に、重力加速度の値を計測するための「一等重力点」が置かれ、国土地理院による測定が定期的に行われている。

関連リンク
重力 - 国土地理院

秋田大学鉱業博物館

秋田大学鉱業博物館

秋田大学鉱業博物館

秋田大学鉱業博物館

秋田大学鉱業博物館

秋田大学鉱業博物館


大きな地図で見る

_________

関連リンク

秋田大学鉱業博物館

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/993-b63e76f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT