二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地蔵の首とキリストの顔・素朴派的造形

弘願院・六地蔵
2013.06

秋田市楢山共和町、浄土宗「弘願院」境内の六地蔵。

明治初年の仏教排撃運動、いわゆる廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の影響で、六体すべての首を切断される災難にあい、のちに修復された。

弘願院・六地蔵

損傷が少なかった頭部は、そのままセメントで接着されたため首回りが太い。

以下2枚の画像は、損傷がいちじるしい、もしくは行方不明となった頭部の代わりに新たに作成、もしくは修復されたセメント製の顔。

弘願院・六地蔵

弘願院・六地蔵

檀家衆の手によるものか、信仰心が生んだ素朴な造形である。

頭を傾げたユーモラスなその顔は、昨年(2012)の夏、“世界最悪の修復画”としてメディアをにぎわせた、キリストのフレスコ画と似ていなくもない。

Fresco
エリアス・ガルシア・マルティネス(1858-1934)作『この人を見よ』
左・修復前 右・修復後

スペイン北東部の教会の柱に描かれ、近年は湿気による剥落が目立っていたフレスコ画を、善意ではあれ、無断で塗り替えたのは、近所に住む当時80歳の女性。

毛むくじゃらの猿のような、ひどい仕上がりに、地元住民から苦情が殺到。ところが、メディアに取りあげられると、一目見ようと各地から見物客が殺到する。あまりの混雑に入場料を徴収するようになると、今度は修復した女性側が図に乗って、著作権料の授受を主張するなど、すったもんだがあったようだが、はたして今はどうなっていることやら。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 つぎはぎ地蔵・廃仏毀釈の産物
「地蔵」二〇世紀ひみつ基地内検索

関連リンク

【善意が生んだ悲劇】80代の女性が勝手にキリスト壁画の修復を試みる → 絵が下手すぎて顔が別人に | ロケットニュース24

海外反応! I LOVE JAPAN : キリストの絵をサルにしたお婆さん・・・大金をゲット!

【全世界熱狂】キリストのフレスコ画の修復騒動がさらにとんでもないことに! - NAVER まとめ

あまりに酷い修復が行われたフレスコ画のコラ画像が大人気!世界中で修復される名画たち - NAVER まとめ

【もはや最高の町興し】素人修復によって台無しになったフレスコ画 関連グッズの人気はとどまる所を知らず - IRORIO(イロリオ)

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/985-48df0293

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT