二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平成25年度「地口絵灯籠祭り」勝平神社

平成二十五年度・勝平神社例大祭(地口絵灯籠祭り) 
通称・毘沙門さんのお祭り
秋田市保戸野鉄砲町
五月十二日(宵宮)十三日(例大祭)
灯籠数・約三百基

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 勝平神社例大祭・地口絵灯籠祭り

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

勝平神社がある保戸野鉄砲町は鉄砲足軽が住んだ町。

地口絵灯籠祭

地口絵灯籠祭

秋田犬の返礼にプーチンから秋田県知事に送られたシベリア原産の猫の名は「ミール」(見ーる)。

地口絵灯籠祭

古典的地口絵

以上、神尾忠雄氏作の地口絵


▼江戸のユーモア・地口行灯・粋な言葉遊び

江戸に多いものをたとえた「火事、喧嘩、伊勢屋、稲荷に犬の糞」という文句があるが、旧暦二月の最初の午(うま)の日、江戸中の稲荷神社では初午(はつうま)祭りが行われ大変なにぎわいをみせた。

その祭りに欠かせなかったのが「地口行灯」(じぐちあんどん)、いわゆる「地口灯籠」(じぐちとうろう)である。

「灯籠」は本来、仏教で用いられる用具・用語であったから、神社に奉納される場合は「行灯」表記が正しい。

初午
「江戸風俗十二ケ月之内 二月 初午稲荷祭之図」の一部
絵師・楊洲周延 出版・明治二十三年

稲荷神社の参道に並ぶ「地口行灯」の上に雨除けの花笠。

「地口」(じぐち)とは「駄洒落・語呂合せ・もじり」などの言葉遊び。

「地口・じぐち」の語源は「似口・にぐち」、つまり「似た言葉」「似た物言い」のこと。

「地口行灯」には、ことわざ・和歌など、既存の言葉をもじった「地口」が、滑稽な「絵」を添えて描かれ、それぞれの町内が趣向を凝らした「地口行灯」を出してウイットを競い合った。

「地口絵」を描く職人も居て、東京の下町にはその伝統を継承する家が数軒残り、勝平神社例大祭にも、江戸時代から続く古典的な「地口絵」を出品している。

地口絵灯籠祭
地口「梅の仙人」元句「久米の仙人」
東京都練馬区「国華堂」平田郡司氏(練馬区無形文化財)

「国華堂」は提灯・絵馬・手描き広告などの制作を生業とする。

関連リンク
足立区/国華堂(こっかどう) 

地口絵灯籠祭
地口「尻もつねれバ赤くなり」元句「塵も積もれば山となる」
東京都練馬区「国華堂」平田郡司氏

地口絵灯籠祭
地口「大かぶ小かぶ山から小僧がぬいてきた」
元句「大寒小寒 山から小僧がないてきた」
東京都荒川区「涙橋大嶋屋」村田修一氏

「大嶋屋」は提灯制作が本業。

関連リンク
足立区/大嶋屋
江戸手描提灯 - クールジャパン-COOL JAPAN「おもてなし」

16diguchitourou
地口「道具屋お月様みてほめる」元句「十五夜お月様見て跳ねる」
東京都荒川区「涙橋大嶋屋」村田修一氏

「道具屋」=「古道具屋」=「骨董屋」。

江戸中期に始まった「地口行灯」の流行は各地に広がり、秋田でも各所の神社仏閣で行われたが、やがて衰退。

県内で唯一残った勝平神社の「地口灯籠」は、伝統的言葉遊びの枠を越え、世相描写や社会諷刺を盛り込んだ、川柳風の創作地口絵が大半を占める、全国的に見てもユニークなものとなった。

静岡県「三島宿地口行灯」では、創作地口絵が一般公募され、川柳風の形式も見られるが、こちらは、2000年から始まった新しい観光イベントで、情緒にも欠ける。(下記関連リンク先参照)

現在、勝平神社の「地口灯籠」のほとんどは、この道四十数年の神尾忠雄氏が一手に制作(文案・描画)を引き受けているのだが、後継者のことを考えると、将来は「三島宿地口行灯」のように、一般公募の作品が並ぶようになるのかもしれない。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 勝平神社例大祭・地口絵灯籠祭り

関連リンク

江戸時代の駄洒落、地口行灯の味わい深さ(Excite Bit コネタ)

綾瀬稲荷コレクション3回、地口行灯狐編
綾瀬稲荷コレクション4回、地口行灯動物編

どうでもいい談義:初午地口行灯の楽しみ

浅草伝法院通りの地口行灯

三島の地口行灯(静岡県三島市)風流や風刺も効いた言葉遊び
三島宿・地口行灯~第10回: クレマチスの丘
三島宿・地口行灯を見てきました
三島宿 地口行灯(じぐちあんどん)見学ウォーキング

地口行灯 - YouTube - 動画検索

| 祭り・民俗・歳時記 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/969-f1c4986f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT