二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東宝チャンピオンまつり・1971「秋田東宝」正月番組


昭和45年(1970)12月 新聞広告

かつては映画街であった秋田市有楽町通り「秋田東宝劇場」(のちのプレイタウンビル)の、昭和46年(1971)正月番組は「東宝チャンピオンまつり」四本立て。



春・夏・冬休みに合わせて公開され人気をあつめた「東映まんがまつり」に対抗して生まれたのが「東宝チャンピオンまつり」(1969〜1978)。「ゴジラ」シリーズに代表される特撮映画をメインに、テレビアニメなどが同時上映された。

昭和39年公開のオリジナルを短縮編集したリバイバル作品『モスラ対ゴジラ』。


モスラ対ゴジラ (1964) オリジナル版

怪獣のなかで「モスラ」がいちばん好きだった。初期「モスラ」シリーズで小美人を演じたザ・ピーナツがエキゾチックなメロディーにのせて唄う劇中歌にシビれた。その話はいずれまた。

もう一本の怪獣映画『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣』は「ゴジラ」を生んだ特撮の神様・円谷英二亡きあと初の東宝特撮作品。イカの怪獣「ゲゾラ」蟹の怪獣「ガニメ」亀の怪獣「カメーバ」が南海で対決するB級映画。



アニメ作品は『アタックNo.1 涙の世界選手権』(製作・東京ムービー)と『昆虫物語 みなしごハッチ』(製作・タツノコプロ)。

『アタックNo.1』フジテレビ(AKT秋田テレビ)日曜日19時〜19時30分、1969年12月〜1971年11月。
『昆虫物語 みなしごハッチ』フジテレビ(AKT秋田テレビ)火曜日19時00分〜19時30分、1970年4月〜1971年12月。「ハッチ」はフジテレビの「8チャンネル」から命名。



昭和46年(1971)新春第二弾は『日本一のワルノリ男』と『若大将対青大将』。

『日本一のワルノリ男』はクレージーキャッツの植木等が主演して1960年代に人気をあつめた「日本一シリーズ」の晩期作品。すでにクレージーキャッツの人気は低下していたため、同じナベプロの後輩グループ、ザ・ドリフターズの若手・加藤茶を準主役に起用している。

加山雄三主演「若大将シリーズ」(1961〜1971 全17話)の最終話『若大将対青大将』。三十路に入っても大学生役、その後は社会人を演じていた加山も、もう「若大将」とはいえず、新若大将としてザ・ランチャーズ(加山が結成)のギタリスト・大矢茂が起用された。



映画はすでに「娯楽の王様」の座をテレビに奪われ、斜陽の下り坂をたどっていたが、県内にはまだ、東宝系映画を上映する映画館だけでも、これだけの数が残っていた。

大曲(現・大仙市)の「月岡シネマ」は平成18年(2006)10月閉館。このなかで今も残っているのは、小坂の大正レトロ建築「花園館」のみ。

関連リンク
N氏の映画館:花園館(秋田県小坂町)
飴色金魚 / 秋田県 / 小坂町 / 花園館

ちなみに昭和46年時点での秋田市内映画館は以下の通り。

有楽町
秋田東宝(邦画)秋田大映(邦画)秋田松竹(邦画)秋田日活(洋画)秋田ピカデリー(洋画)秋田パンテオン(洋画)みゆき座(成人映画・実演)

大町五丁目
秋田東映(邦画)

秋田駅前
テアトル秋田(邦画二番館・中通二丁目)読売ホール(洋画二番館・中通四丁目)

土崎
土崎映画劇場

_________

関連記事

「映画」二〇世紀ひみつ基地内検索

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

けん

初めまして。
懐かしい、確かに昔はこんなにたくさん映画館ありましたねー。
みゆき座だけは入ったことが無かったのが残念w
小中とピカデリーの近くだったので一年に一回程度学年単位で歩いてピカデリーに行ってディズニー映画とか見せられていた記憶があります。
高校生位になると読売ホールや秋田テアトルの安い二番館によく寅さんとか見に行ってました。
その流れで東京の大学に進学してからも貧乏学生の自分は休みの日によくピアやシティロードを片手に名画座巡りしてました。
いやほんと懐かしい、あの賑やかだった有楽町の光景を思い出しますよ。

| | 2014/03/15 11:03 | URL |

ひさしぶりです
本当に懐かしいですね
小学生の頃学校で体育館で上映会があったような
小・中学生のころ夏休み,冬休みの前に学校からこの映画は見ていいと割引券をもらって喜んで友達と映画を観に行った記憶がありますね ガメラとか赤影青影とかでしたような、有楽町懐かしい響きですね

| 築山OB | 2014/07/14 12:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/945-aedc0003

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT