二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅する石敢當・登町「登利谷理髪店」前

街角の文化財・魔除けの「石敢當」その十

秋田市楢山登町の一角、十軒町通りの突き当たりに位置した、登利谷(とりや)理髪店の前に、かつて、自然石をそのまま利用した、おもむきのある石敢當(いしがんとう)が存在した。


「登利谷理髪店」前 石敢當

旧町名・楢山入川橋通登町の登利谷理髪店が取り壊され、迎信寺前へ抜ける新道路(勝平地区と中央地域とをつなぐ幹線道路・新屋十軒町線の一部)が開通したのは昭和50年代のことだったか。

丁字路が十字路となって、石敢當が消えたのは、以前に書いた「南通り十字路の石敢當」と同じだが、その後のいきさつが異なる。


昭和24年発行 秋田市街図より

青マーキングが登利谷理髪店。赤マーキング部分は新設および拡幅された現在の道路。

水色ラインは旭川に通じる排水路。今は無いこの水路は入川(いりかわ)の名残で、登利谷理髪店前丁字路(現・十字路)の北側に、「楢山入川橋通登町」という町名の起源となった「入川橋」が架かっていたのだが、その話はいずれまた。


大きな地図で見る
登利谷理髪店前「石敢當」跡


2012.11 十軒町通りより旧丁字路を望む

登町を立ち退いた登利谷理髪店は旭南二丁目へ移転。その後、千葉県柏市に転出。かつて登町の丁字路に存在した石敢當は同家の前に今も健在という。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 Y字路に謎の石柱・石敢當(石敢當入門編)
二〇世紀ひみつ基地 赤門前の石敢當・紅色は魔除けの色
二〇世紀ひみつ基地 守る家なき石敢當・埋もれた記憶
二〇世紀ひみつ基地 市内最大の石敢當・移動して右向け右!
二〇世紀ひみつ基地 異色の石敢當・塗り込まれてもなお
二〇世紀ひみつ基地 十字路の石敢當・眠りから覚めたら・・・
二〇世紀ひみつ基地 医王院前町の石敢當・ブロック塀と一心同体
二〇世紀ひみつ基地 楢山「石敢當」多発ストリート
二〇世紀ひみつ基地歯医者さんの石敢當・中央通りで新発見

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

登利屋理髪店

こんばんは。
写真が道路拡幅前で、ここどこだぁ??
でしたが記憶が甦りました!
小~中学転校までここにお世話になってました。
小6の冬頃、店のお姉さんがYMOを繰り返し流してて、
これ中国人?なんて会話した覚えがあります。
当時は情報も少なく、YMOは謎のグループでした。
石敢當には気づいていませんでしたね。
懐かしい画像有難うございます。

| ar147 | 2012/11/13 21:08 | URL |

懐かしい画像をありがとうございます
登利屋理髪店
そんな昔に無くなっていたんですか
夏 竿灯祭りいや灯篭流しの帰りに 歩いて
帰ったのを覚えています
馬口労町・横町の季節の趣は残っていますか
近郊の農家の方々のお店が並ぶ風情が懐かしいですね
広小路のお店が廃れたと聞きますが地元のお店には頑張ってほしいですね  ところで駄菓子屋で名前を覚えていないのですが
楢山の<肉屋のとなり>って駄菓子屋によく通っていました

| 築山OB | 2013/01/02 21:34 | URL |

草市のことなど

> 馬口労町・横町の季節の趣は残っていますか
> 近郊の農家の方々のお店が並ぶ風情が懐かしいですね
> 広小路のお店が廃れたと聞きますが地元のお店には頑張ってほしいですね  ところで駄菓子屋で名前を覚えていないのですが
> 楢山の<肉屋のとなり>って駄菓子屋によく通っていました

馬口労町の草市については何回か記事にしてますので、このページの右サイドのブログ内検索「ひみつ基地をさぐる」下のボックスに「馬口労町」「草市」などのワードを入れて検索してみて下さい。

昔、横町では夏になると夜店が並んだようですね。横町商店街も今は飲食店が大半で、将来は道路が拡幅される予定です。

その駄菓子屋は楢山のどの辺にあったんですか。

| 川端たぬき | 2013/01/03 12:10 | URL |

お久しぶりです。鹿嶋さんの堀の並びにあった駄菓子屋、たしか菅生さん?
おばさんで力道山飴を懐かしく思い出しました。追廻になるのかな・・・
鹿島さんの裏で相撲大会があった事も思い出したりして、道路挟んだ
巫女さんが居て太鼓叩いて 拝んでくれる家も思い出し・・・
本当に懐かしく ありがとうございます。

| ポタリング | 2013/01/03 21:46 | URL |

Re: タイトルなし

> お久しぶりです。鹿嶋さんの堀の並びにあった駄菓子屋、たしか菅生さん?
> おばさんで力道山飴を懐かしく思い出しました。追廻になるのかな・・・
> 鹿島さんの裏で相撲大会があった事も思い出したりして、道路挟んだ
> 巫女さんが居て太鼓叩いて 拝んでくれる家も思い出し・・・
> 本当に懐かしく ありがとうございます。

ご無沙汰です。
そうです、鹿嶋さんのあたりの旧町名は追廻。
白くて棒付きの力道山飴は値段の割にボリュームがあり、
確かアタリが出るともう一本貰えましたね。なつかしい。

| 川端たぬき | 2013/01/03 23:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/936-0a34abc7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT