二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新秋田県立美術館「秋雨の水庭」エリアなかいち


2012.10







エリアなかいち内「新秋田県立美術館」の水庭に、庇(ひさし)から落ちた雨だれが水紋を描く。

雨の日は水紋が現れるように計算した設計なのだろう。

秋の空のこと、間もなく雨が止み、青空が顔をのぞかせたが、雨だれはしばらく落ち続けた。

その水紋に日本庭園の枯山水の波紋を連想した。設計者・安藤忠雄はそれを意識したのかもしれない。


龍吟庵 東庭(赤砂の枯山水)枯山水 - Wikipediaより借用

京都市東山、龍吟庵(りょうぎんあん)東庭。作庭・重森三玲(しげもりみれい)。

水を使わずに山水(自然)を表現する枯山水。水を張った水面に山水(自然)を映す水庭。

時間が停止した枯山水は静寂の絵画。自然を反映して刻々と変化する水庭は動的な映像。

「静」のなかに「動」を観ずる枯山水。「動」のなかに「静」を観ずる水庭。

静中に動あり、動中に静あり。

表現方法は対極にありながらも、二つの「庭」に共通の精神を感じた。


エリアなかいち



_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 三角形と水庭のある美術館・新秋田県立美術館
二〇世紀ひみつ基地 鏡面の秋空「エリアなかいち」新県立美術館

「エリアなかいち」二〇世紀ひみつ基地内検索

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/932-7b121625

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT