二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

楢山表町・かき氷ストリート

人気のかき氷屋が集中する通りが、秋田市楢山本町(通称・表町)にある。

「斎藤もちや」は、削り刃を微妙な角度に調節し、きめ細かい氷に仕上げているのが特徴。特に、自家製白玉入りのかき氷は絶品。本業である厳選された材料を使った大福餅も昔からの人気商品だ。


斎藤もちや

我家の正月餅は、かつてはこの店に頼んでいて、大晦日、まだ柔らかい大きなのし餅が届くと、包丁で切り揃え切り餅にするのが、楽しい恒例行事だった。

「斎藤もちや」の斜向かいにあるのが、和菓子の「広栄堂」。
以前は普通のかき氷の店だったが、シロップの代わりに、果肉入り生ジュースを使い、氷の上にソフトクリームがトッピングされたものを出すようになってから、本業のお菓子よりも、かき氷で有名になってしまった。

20050714181105.jpg
広栄堂(昨夏)

氷とソフトクリームの絶妙なハーモニー、果汁の自然な甘味はサッパリとして後味も良く、これならば甘いものが苦手な人にもお薦めできる。メニューは、イチゴ、オレンジ、バナナ、パイナップルなど。なかでも、グレープフルーツを使った「生グレープフルーツソフト」、略して「生グソ」が人気で、夏場はこれ目当てに行列ができるほど。八月中旬ころからは、「巨峰」「ネクタリン」がメニューに加わる。この店の人気に火を付けたのは、近くの聖霊高校の生徒たちに違いない。

20050714181145.jpg

20050714181127.jpg
広栄堂

20050714181028.gif


「斎藤もちや」の向かいは、銭湯「星の湯」。
かつての銭湯の近くには、かき氷屋がある場合が多く、夏の夜、一風呂浴びたあと、涼みながらのかき氷は格別だった。



| 食材・食文化 | 23:00 | comments:3 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

今晩は

初めてお邪魔いたします。

実家では、お正月の餅は毎年斉藤餅屋でした。
板もちを包丁で切るのは私の役目。切れなくなってくると大根を切って・・^^
赤飯も美味しかった記憶があります。

| 古豆 | 2005/07/20 21:11 | URL |

斉藤もちや

古豆さん、はじめまして

パック入りの切り餅など無い時代でしたから、
ほとんどの家で、餅は餅屋さんに頼んでいましたね。
伸し餅を切ったあと、余った端っこの部分を
つまみ食いするのが楽しみでした。

| たふらんけ。 | 2005/07/22 01:25 | URL |

こんにちは。
斉藤の餅はいまでも電話で注文しては受け取りに行きます。殆どは東京や埼玉の兄弟に何か送る時に一緒にします。寄る度に何かしら少し話しますが、実直なご夫婦でいつも対応は変わりません。小さい子供の頃は親父が自分の餅を糸で切り分けてくれました。南通りの築地の小路を入ると左側に小豆の粉の店がありました。二つ、三つ大きな木製の箱の中の赤茶色の小豆の粉が印象的でした。

| osello | 2006/02/25 23:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/93-087a622f

TRACKBACK

夏はヤッパリ

路地ぽたの途中で立ち寄った、秋田市楢山「広栄堂」の名物・生グレープフルーツソフトクリーム、通称生グソこのあと、古豆さんの強~いリクエストで、近くの聖霊女子短期大学付属中学・高校の文化祭へ。

| ぢぞう☆ぶろぐ “Zizou blog” | 2005/07/18 06:50 |

広栄堂のかき氷

広栄堂(秋田市南通みその町)のかき氷を食べてきました。生グレープフルーツソフトです。略して「生グソ」。場所はここです。この大きさで400円。噂以上の美味しさでした!(今まで食べていたかき氷は何だったんだーと思っちゃいました。)とても混んで...

| 哲学カフェ/秋田館 | 2005/08/18 20:40 |

2005年初かき氷&花火大会

かき氷を食べに、1年ぶりに「広栄堂」に行きました。昨年の広栄堂レポ→こちら

| 秋田食べ日記 | 2005/08/18 23:42 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT