二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高堂酒店・造り酒屋

20050609224641.jpg
高堂酒店 川反一丁目

切妻屋根の下に太い梁首を突きだし、屋根の笠木も張り出した秋田の典型的町家。
かつては夕方になれば仕事帰りに盛切(もっきり)をあおる客(近くの魁社員が多かった)で賑わっていた。

万延元年(1860)、高堂兵右衛門が久保田町川端(現・川反)一丁目に創業した造り酒屋。明治八年、灘より杜氏を招き新技術を導入するなど醸造技術の改良と酒質の向上に努めた。清酒品評会で優等賞をはじめとして数々の賞に輝いた「程よし」の他に、白酒、味醂、生醤油も製造、販路は市内をはじめ、県内各地の鉱山、北海道、関東にもおよんだ。醸造部は昭和十九年、国の企業整備令により廃業、秋田酒類製造株式会社(高清水)に株主構成員として統合される。

20050609225013.jpg
「程よし」看板

平成九年秋、高堂酒店の裏に「あくらフォー・スクエア」誕生。

20050609224711.jpg
ビール醸造所、二階「ビアカフェあくら」

20050609224733.jpg
ビアレストラン「プラッツ」

高堂屋酒店の文庫蔵を改修して、ビアレストランとして再生させた。
青空に映える白壁と破風のカーブが美しいが、空調設備の導入は内部を乾燥させ蔵の寿命を縮めることになったという。この蔵の裏(川反通り)の米倉も改修され、ジャズスポット「ロンド」が入居しているが、どちらも俵屋火事(明治十九年)の翌年の建築という。

地ビールの「あくら」
http://www.aqula.co.jp/index.html


大きな地図で見る

| 秋田市今昔 | 23:00 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

その昔野村教材社に行くとき店の前を通るとき、軒下?うだつのした?のところに亀の甲羅がありました。これも父の写真と私の記憶です・・確かにありました。

| 昭和28号 | 2006/03/06 22:20 | URL |

同年代の昭和28号さん

「酒」の文字が刻まれた亀甲看板は、軒下に突き出た梁のところにぶら下げられていました。
写真にも見えますが、いまでもその跡が残っています。
新屋の酒造家に行くと、今も亀甲看板が見られますね。

| たふらんけ。 | 2006/03/07 22:20 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2008/03/14 19:51 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/86-a9c02832

TRACKBACK

[diary] 再び秋田市 & IQテスト

9時半前に起床。朝食もそこそこに,11時前の電車で秋田市へと向かう。 移動中,先日買った雑誌「ゲーテ」を読む(やっと読む時間ができた)。 日テレ「世界一受けたい授業」やCX「トリビアの泉」ブレーンでもおなじみの唐沢俊一さん。 彼らしく,どこから集めて

| こばお★ダイヴァシティ | 2005/12/02 00:59 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT