二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大の大人の「ウルトラQ」ごっこ

昭和四十一年(1966)一月九日から七月三日にかけて全二十八話が放映された「ウルトラQ」は、円谷プロダクションが製作したSF特撮テレビドラマの名作。日曜日夜七時から三十分、一話完結のモノクロ作品で、第一回目の放送が視聴率42.1%を記録している。このドラマの成功がなかったら「ウルトラマン」へと続くウルトラシリーズは実現されなかった。ウルトラシリーズのキー局はTBSだったので、当時秋田県では随一の民放局・ABS秋田放送(日テレ系)では平日の夕方に放送されていた。

「これから30分、あなたの目はあなたの体を離れて、この不思議な時間の中に入っていくのです」という石坂浩二によるナレーションと、水に墨を流したときにできるマーブル模様のようなものが動いて、次第に「ウルトラQ」の文字が浮かび上がるオープニングは、夢幻の国にでも誘われるような不気味な音楽とともに強烈に印象に残っている。それまでになかったシュールな展開と、「カネゴン」「ガラモン」などの個性的で悲哀に満ちた怪獣・珍獣達の姿は、子供ばかりか大人の視聴者の心をとらえていた。

20050531214914.jpg

そんな「ウルトラQ」世代のオジサンたちが、「ウルトラQ」第二十九話「盗まれた時間」を自主制作、四月からネットで公開され一部で話題になっている。どんなものかと観てみたら、これが結構面白い。「ウルトラQ」への愛があふれたオマージュとなっている。細部の小道具など、当時の雰囲気を良くとらえており、さらに、提供会社であった武田製薬の「タケダ、タケダ、タケダー」のオープニング・キャッチと、中盤には武田ハイシーのコマーシャルが当時のまま使われているのも嬉しい。

20050531214928.jpg
武田製薬コマーシャル
大阪工場の鳥瞰からロゴマークに迫るオープニングキャッチは涙モノ

 私の奥さんは「洒落になってないじゃない」と言う。なかなか痛いところを突く。確かにその通り。パロディというわけでもないし、何かとてつもない仕掛けやオチがあるわけでもない。40年近くも前のテレビ番組である「ウルトラQ」ごっこを、いい歳をした大人が半年もかけて大まじめにやったというだけだ。だが、そこが洒落だとは思っている。(製作日記より)

ウルトラQを作る
http://ogikubo-toho.com/ulqdiary.html
トップページの「荻窪東宝」もお見逃しなく

グリコ「ウルトラQスナック」おまけカード
http://www.ezaki-glico.net/chara/ultraq_snack/card2.html

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

いつもたのしく拝見しております。
今は秋田をはなれて暮らしていますが、こちらにアップされている画像の数々に
ゾクゾクするほどのノスタルジーを感じているS30年代生まれです。
ほんとうにありがとうございます。

ところで・・
当時秋田でウルトラQを視聴した一人としていくつかの疑問を抱えながら今に至りました。
以下列挙させていただきます。

【武田アワーではなかった?】
秋田での放映ではスポンサーが武田ではなかったように思います。
当時熱狂のあまり[スピーカーtoマイク]で記録したテープには
確か“ワ、ワ、ワタナベ フルーツソーダ”というCMソングが入っていました。
【放映順をシャッフル?】
「ペギラが来た!」の次に「東京氷河期」というようなシャッフルが行われていたように記憶しています。
「ガラダマ」と「ガラモンの逆襲」も同様、
一話めは「ゴメスを倒せ!」で、あとはぐちゃぐちゃだったような気がします。
【全話放映しなかった?】
「あけてくれ!」は無論ですが「宇宙からの贈り物」「変身」「悪魔ッ子」も放映しなかったのでは・・
想像を絶する情熱をもって見ていたので見逃したとは思えないのです。

いずれも民放が日テレのみの状況でしたからありうることではないかと思いますが、
すべて記憶違いなのかもしれません。
どなたかこの曖昧な記憶を補完してくださる方はいらっしゃいませんでしょうか。

| 皮マン | 2005/06/28 19:41 | URL | ≫ EDIT

皮マンさん 今晩は

>秋田での放映ではスポンサーが武田ではなかったように思います。
>当時熱狂のあまり[スピーカーtoマイク]で記録したテープには
>確か“ワ、ワ、ワタナベ フルーツソーダ”というCMソングが入っていました。

「渡辺のジュースの素」のCMですか。
リアルタイムの放送ではなく、曜日も違うため、
スポンサーも違う可能性がありますね。
しかし、当時の魁新報のマイクロフイルムを閲覧すると、
面白いことに番組表にはスポンサー名も入ってて、
それには「武田製薬」と記されてました。
ただし、放送された期間のすべてを見たわけではないので、
途中でスポンサーが替わった可能性もありますし、
複数のスポンサーが付いていたのかもしれません。

| たふらんけ。 | 2005/06/29 21:56 | URL |

ありがとうございます

わざわざお調べいただきまことにありがとうございます。
どうやら武田製薬もスポンサードしていたようですね。
オープニングの“タケダタケダタケダ~”を見た記憶がなかったので
あのように書いてしまいましたが
おっしゃるとおり1社提供ではなかっただけかもしれません。

| 皮マン | 2005/07/02 17:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/84-79b247d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT