二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スクリーンによみがえる昭和39年の秋田市

11月9日(水曜日)秋田市文化会館大ホールにて、高度経済成長期の活気あふれる秋田市を舞台とした青春映画『十七才は一度だけ』(昭和39年・大映)が無料上映される。

秋田工業高校OBの秋田市職員で結成された「市役所金砂会」50周年記念事業の一環として開催するもので、すでに往復葉書による申し込みは終了しているが、余裕ある会場なので当日でも入場可能かもしれない。開場は午後6時、上映は6時半から。

十七才は一度だけ

解説
石坂洋次郎原作“青い芽”より「続・高校三年生」の池田一朗が脚色「青い性(1964)」の井上芳夫が監督した青春もの。撮影はコンビの中川芳久。

ストーリー
秋田芙蓉高校では、近づいた修学旅行の話題でもちきりだった。田中加奈子も修学旅行を楽しみにしている一人だった。高校二年生の十七歳。街でも老舗の醤油醸造元田中屋の娘として、何の不自由もなく、いきいきとした青春時代だ。やがて修学旅行出発の日、加奈子は親友の路子が、父の失業がもとで、旅行を最後に東京で働こうと思っていること、そして、出来れば旅行先で就職口を見つけたいと相談され、加奈子は路子に協力を約束した。旅行も終りに近づき東京での自由行動の日、加奈子は路子との約束の場所、オリンピック公園に向ったが、途中電車をまちがえた加奈子は、赤い鳥かごを持った青年に親切に案内された。中井照吉と名乗るその青年の都会的センスのあふれる話しぶりに、加奈子の心は高鳴った。就職口決定の朗報を持ってやって来た路子と交代に、青年は電話をかけ終ると蒼白な顔でタクシーに乗って、二人から離れた。呆気にとられる加奈子の手にカナリヤの入った鳥かごを預けたまま。困惑した加奈子は、青年が近く秋田市役所完成記念に秋田を訪れると聞き、鳥かごを持ち帰った。‥‥後略‥‥


十七才は一度だけ・高田美和(作詞・川井ちどり、作曲・遠藤実)

主演の高田美和が唄う主題歌にして青春歌謡の名曲。


『十七才は一度だけ』高田美和・青山良彦

高田美和が演じる高校二年生のヒロイン・田中加奈子が通う「秋田芙蓉高校」のロケ地は「秋田工業高校」木造校舎。これを機縁に秋田工高OB会が、懐かしい校舎が映る『十七才は一度だけ』を上映するわけだが、学生服は「秋田経済大学付属高校」(現・明桜高校)の制服が使われた。濃紺の生地、女子はブレザー、男子は海軍服(ボタンの無い詰襟)という、一目で「付高」とわかる、特徴ある制服であった。

東京オリンピックが閉幕して間もない、昭和39年(1964)10月26日、土手長町から山王へ移転した市役所新庁舎の落成式が開催された。その落成記念竿燈を録画するために秋田入りしたロケ隊は前日の25日から撮影開始。

旧家の娘・田中加奈子の家は、大町三丁目に実在した「醤油醸造元・田中屋」。父親・田中修吉を船越英二(船越英一郎の父親)が演じ、クラスメイト・島田春子役で、秋田育ちの渚まゆみ(明徳小学校卒)が共演している。

その他のロケ地は、定番デート・スポットであった千秋公園。土手長町通り、広小路、前年落成の協働社ビル、秋田駅周辺。家族旅行に出かける男鹿温泉郷など。


秋田大映・新聞広告(S39.12)

同時上映は坂本九のヒット曲をテーマにした『幸せなら手をたたこう』。

秋田市の映画館街・有楽町通り「秋田大映」において、東京封切りから数日遅れた昭和39年12月25日に封切り、翌1月8日までの新年映画として上映された後、昭和40年2月に同館でアンコール上映(三本立て)のほか、県内大映系列館をはじめ、格安料金の二番館であった秋田駅前「秋田テアトル」および、十人衆町(現・大町六丁目)「銀映座」でも再上映され市民の話題をあつめた。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 醤油の「田中屋」とライブハウス「田中屋」のこと


| 興行・見世物・映画 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/836-62c27151

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT