二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋田高女(秋田北高)・かつての女学校も今は



保戸野の土手より対岸の秋田高女(現・秋田北高)を望む。初代校舎の正門は旭川側を向いていた。


2011.08 保戸野の土手より北高を望む



明治三十二(1899)年、高等女学校令の施行により、道府県に最低一校の高等女学校設置義務が規定される。
明治三十四年(1901)、秋田市中島に「秋田県立秋田高等女学校」創立。遠方からの入学者のために寄宿舎を併設。

尋常小学校(義務教育)および高等小学校卒業後、男子は旧制中学校など、女子は高等女学校などに進むことになるが、家庭の事情で義務教育にさえ通えない子どもが多かった時代、進学できるのは富裕層の子女だけ。とくに女子の進学率は極端に低く、高女に入れることがステータスとなる時代であった。


大正二年十月「秋田高等女学校運動会」体操風景

明治末から大正・昭和初期にかけての女学生の服装は、髪を洋風の束髪に結いリボンを結び、着物に海老茶色の袴、カバン代わりの風呂敷包みをかかえ、洋靴に黒いハイソックスを履く和洋折衷スタイル。

体育の授業や運動会でも同じスタイルで、徒競走など激しい運動をする場合は、着物にタスキ掛けし、袴を膝上でくくって運動性を高めた。大正末の頃になると徐々に洋風の運動着がみられるようになる。


大正十三年五月「秋田高等女学校運動会」ダンス風景

着物に袴姿の生徒の中に洋風運動着の生徒がまじる。運動着もジャンパースカート風やワンピースなどさまざま。

昭和三年(1928)セーラー服を制服として制定。



秋田高女のシンボル「あげまき」のワンポイント刺繍がオシャレだが、なぜこの位置に?

きものと悉皆みなぎ/家紋図鑑/総角(あげまき)
左左右右 あげまき結びの結び方

昭和五年(1930)十月、火災により擬洋風建築の初代校舎焼失。
昭和六年(1931)新校舎落成。


二代目校舎(昭和六年~昭和四十年)

中央エントランスおよび階段にコンクリートを用いて防火ゾーンとした木造二階建て新校舎。旧校舎の正門は北西を向いていたが、新校舎は南西向きに変更。つまり画像の左手奥を旭川が流れていることになる。

昭和二十三年(1948)、学制改革により新制高等学校に転換、「秋田県立秋田北高等学校」と改名。
平成二十年(2008)四月、男女共学が始まり、百余年におよぶ女学校としての歴史に幕をおろす。

詩人で書家・国文学者の尾上八郎(尾上柴舟)作詞、「春が来た」「春の小川」「朧月夜」など、唱歌の名曲を手がけた岡野貞一作曲による校歌は、昭和七年から歌い継がれてきた歌詞の「我等乙女」の部分が「我等若人」に書き換えられて、かつての麗しさを損なってしまった。

秋田高女・秋田北高 旧校歌を聴く(MP3)
秋田北高校歌


大きな地図で見る

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 城下の名残「鑑の松」貞節の鑑

関連リンク

秋田県立秋田北高等学校

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私の母は2代目校舎末期の卒業生なので、3代目校舎に思い入れはありませんでしたが、敷地の南側(3代目当時はグランド)に旧正門が残っていた頃は「電車通学だったのでいつも遅刻ギリギリでここを通ってたよ」としみじみ語っていました。途中でそばを通る和洋高校の生徒たちが優雅なお嬢様に見えて羨ましかったそうです^^

| うすしお | 2011/10/03 08:25 | URL | ≫ EDIT

40年程前の少年時代に、北高の旭川対岸にある八丁に住んでいました。北高周辺へ友達と毎日のように遊びに行ったものです。現校舎の敷地は当時はプールとグラウンドになっていて、現グラウンドの旭川側に当時は弓道場があったと記憶しています。秋田はポプラの木が多かったような気もしますね。なつかしいなあ…

| なべっこ遠足 | 2011/10/22 00:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/827-223e17ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT