二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1972・木内デパートに立体駐車場オープン


木内デパート


木内駐車場 2004.05

昭和47年(1972)木内デパートの小路をはさんだ西側、広小路に面した露天駐車場の裏手に立体駐車場(自走式パーキングビル)が新設される。

自家用車の普及率が右肩上がりに増加していた70年代初頭、約70台を収容する露天駐車場は手狭になり、買い物客が集中する休日ともなれば、空きを待つ車輌が長蛇の列をつくるようになっていた。

来るべき車社会に向けて木内は、既存の露天駐車場の南側に、四階建て(一部五階建て)駐車能力400台の立体駐車場を総工費二億円で建設し、駐車場四階と、食堂・おもちゃ売場などがあった店舗三階をむすぶ連絡橋を架設。当時は東北最大規模の自走式立体駐車場であった。


木内駐車場 2004.04

以降、広小路側の露天駐車場は観光バス・マイクロバスなど大型車輌の専用駐車スペースとなる。木内デパートは郡部の学校の遠足コースに組み込まれていたことから、大型バスが停まることがよくあったようだ。

数年後、この立体駐車場も手狭になり、中小路をはさんだ南側に第二駐車場を増設。


木内駐車場(第二) 2004.10(第一駐車場解体後)


木内駐車場(第二) 2004.10(第一駐車場解体後)

80年代まで、たびたび所得番付のトップを飾っていた木内であったが、買い物客が郊外型大型ショッピングセンターに流れた90年代に入って、店舗三階および二階を相次いで閉鎖、一階の食料品売り場も廃止されて百貨店の形態を失い、老朽化が目立つ二棟の立体駐車場は平成16年(2004)から翌年にかけて解体されて今は更地に。


木内駐車場 2005.06(第二駐車場解体前)


2003.07

70年代初頭の頃に秋田に進出してきた天津甘栗のチェーン店「甘栗太郎」は、木内駐車場の角で平成15年(2003)まで営業していた。

_________

関連記事

「木内」二〇世紀ひみつ基地内検索

二〇世紀ひみつ基地 木内のおばあちゃん社長
二〇世紀ひみつ基地 士魂商才の人・木内トモ
二〇世紀ひみつ基地 子供の日、金魚貰いに木内へ
二〇世紀ひみつ基地 消える昭和・木内デパートの生ジュース
二〇世紀ひみつ基地 エスカレーターガールの時代・木内デパート
二〇世紀ひみつ基地 ネオン塔の下で・木内デパート

二〇世紀ひみつ基地 1973 県民会館の土手から
二〇世紀ひみつ基地 広小路空中散歩・1975・2007


| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大変懐かしく拝見しました。
木内の露天駐車場には大きな木があり、クリスマス時期になると大きなイルミネーション(クリスマスツリー)になっていましたね。
今のLEDとは違う、ほんのりとした肌色の灯りは秋田の街を温かく照らしていました。

| まこちゃん | 2011/02/18 08:17 | URL |

木内の3階も大変懐かしいのですが、それ以上に「甘栗太郎」の懐かしいこと。
駐車場の角にある店なのに、どの甘栗屋よりも美味しいという印象があります。もう出会えない味なのでしょうね。大きめの釜でその場で煎る甘栗は。

| はせ | 2011/02/18 22:44 | URL |

駐車場の料金は商品券¥500? 入り口の勾配がきつくて当時はマニュアル車のため入り口でよくエンスト記憶があります。  
 

| 楢山育ち | 2011/02/20 05:17 | URL |

去年、転勤で横浜から秋田にやってきました
通勤経路にこのデパートがあることと
ちょっとした思い入れがあって、どうしてこの
デパートの周りは更地ばかりなのでろうか?と
不思議に思ってましたが、やはりいろいろ歴史が
あるのですね、勉強になりました。

| アリスト卒業 | 2012/06/02 10:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/781-bb3a73e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT