二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

看板の落ちて師走の旭川・出来すぎた偶然


2010.12

新屋の風力発電用風車の羽根が折れた12月初旬の荒天の際に破壊されたのか、秋田市大町を流れる旭川に「洋服の菅新」の看板が落下していた。



明治30年創業という老舗、オーダーメイド紳士・婦人服の「菅新洋服店」はもともと、すぐそばの「秋田名店街」一階で営業していて、「本金デパート」と「秋田名店街」が大町再開発で取り壊されたとき、一丁目橋たもとの居酒屋「あみもと」向かいに建つ「旧・竹内スポーツ店」ビルに移転。もう30年ほど前のその頃「菅新」であつらえたスーツは仕立てが丁寧で、まだたまだ現役だ。


2010.05

一年ほど前からビルの灯りが消えて、店頭に「都合によりしばらく休業」するゆえの告知が貼られ、先日は備品が運び出されていた。

文字通り“看板を下ろした”状況での今回の落下事故は偶然にしてはあまりにも出来すぎ。店の顔である“店名文字”という言霊(コトタマ)の宿った看板が、役割を終えたことを悟り、あたかも自らの意志で落下したかのよう。

川に落ちた看板はすでに撤収済み、そして屋上に残った看板もフレームもろとも撤去された。なじみの看板が消えた師走の街に“諸行無常”と吹く風がやけに身に染みる。


2010.11


大きな地図で見る

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/12/24 15:08 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/773-89ab7810

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT