二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

友川カズキ『花々の過失』秋田上映&ライブ決定


フランスの人気映像作家ヴィンセント・ムーンによるドキュメント映画『花々の過失』がいよいよ公開される。

新宿 K’s シネマにおける初日(12月18日)には、能代市出身の友人・加藤正人(脚本家)を迎えてトークイベントを開催。

映画『友川カズキ 花々の過失』予告編

秋田での上映&ライブは2011年2月26日・27日の二日間、かつての映画館街・有楽町にただ一館だけ残った、週末だけ営業する単館系映画館「シアタープレイタウン」(プレイタウンビル)にて。ライブも同館内の「プレイタウンホール」。
「映画鑑賞&ライブ入場セット券」(前売券)3500円。
映画のみ、ライブのみは当日券で、映画1300円(シニア1000円)、ライブ3000円。
26日分のチケット提示で、27日のライブのみ2500円で入場可能。
トピコ・アルスサービスカウンター他にて前売り券販売。
開演時間等の詳細はまだ決まっていないようだが、セット券が断然お得。

秋田でのライブは2006年12月15日以来。二日連続となれば、1979年3月のライブハウス田中屋におけるレコーディングライブ「犬 友川かずき秋田コンサートライブ」以来だ。

当然二日間でセットリストを変えてくるだろうし、友川は同じ楽曲でも聴くたびに違う。この先何度ライブを体験できるかわからないので、二日間参戦したいところだが・・・。

『芸術新潮』12月号で『花々の過失』が写真付きで小さく紹介されている。『映画秘宝』 1月号に「伝説のフォークシンガー・友川カズキの和製音楽ドキュメント」のタイトルでインタビュー記事あり。立ち読みなので記憶が曖昧だが、そのインタビューのなかで「ライブに来たカップルは99%別れる」と冗談めかして語っていたように、友川のアクの強さは好き嫌いがはっきりと分かれるところ。決して万人におすすめできる表現者ではないが、YouTube の動画や当ブログの過去記事に心惹かれるものがあったのならば、見て損はないだろう。

_________

関連リンク

映画『花々の過失』(原題:La Faute des Fleurs)公式サイト
友川カズキ :: KAZUKI TOMOKAWA
友川カズキ KAZUKI TOMOKAWA ( official ) - MySpace

シアタープレイタウン TheaterPlaytown


関連記事

二〇世紀ひみつ基地 産館ホールへ行こう
二〇世紀ひみつ基地 どこにもない絵・友川カズキ
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキはコトバを越える
二〇世紀ひみつ基地 秋田の犬、EUで吠える
二〇世紀ひみつ基地 広小路に「ヤング広場」オープン・1972
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキと能代バスケット
二〇世紀ひみつ基地 映像作家ヴィンセント・ムーン、友川カズキに迫る
二〇世紀ひみつ基地 ホームコメディの主題歌は「生きてるって云ってみろ」
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキ主演映画・ベスト音楽映像賞受賞!
二〇世紀ひみつ基地 稀代の表現者ちあきなおみ&友川カズキ
二〇世紀ひみつ基地 ドキュメント映画『花々の過失』予告編・友川カズキ

| 読む・観る・聴く | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/769-52e92df9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT