二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「県庁橋通り」は県内初の舗装道路?


秋田市・県庁橋通り

大正末から昭和初期の撮影と推定する二丁目小路(現・山王大通り)東端の景観。二丁目橋(通称・県庁橋)を渡った突き当たりに秋田県庁舎が存在したことから、この一画は「県庁橋通り」と呼ばれ、昭和六年には秋田駅前~県庁橋通り間に路面電車が開通する。



正面に秋田県庁舎、その手前に四本のランプポールがみえる二丁目橋(県庁橋)。アールヌーボ調のランプシェードが特徴的な街灯が立つストリートの、左手前から、勧業銀行秋田支店・多可屋(たかや)履物店・成田理髪店・榮太楼菓子店と、モダンな建物が連なり、右手(南側)に、入口にのれんが下がる那波呉服店と那波三郎右衛門家を確認できる。さらに、川反通りをはさんだ東側、現在の川反三丁目公園(那波家の水汲場跡)に、古い蔵を利用した那波酒店が存在した。


二丁目橋(県庁橋)から県庁前通り北側を望む

手前から、榮太楼菓子店・成田理髪店・多可屋履物店・勧銀秋田支店。


榮太楼菓子店・和洋折衷建築(設計・秋田県庁土木部建築技師・高橋松太郎)


那波呉服店


那波三郎右衛門家


●県内初の舗装道路・県庁橋通り洋風道路


県庁橋通り

こちらはモノクロ写真を整版工程で色分解して印刷した、昭和初期頃発行の原色版絵葉書。冒頭の画像よりも後方(西寄り)の交差点から撮影されたものだが、注目すべき点は、道路手前の未舗装道路と舗装道路の境界線が鮮明に写っていること。手前の濃い部分が未舗装道路、その向こうに延びる白っぽい道路が舗装部分である。県庁橋通りが舗装されたのは大正十四年のこと。


県庁橋から一線を画がいて
この秋飾り建つ洋風道路
左側の旧態のこして近代的な面影そえる


市の中央大町の二丁目三丁目を画する二丁目小路、菊花の紋章輝かしい県庁を真直ぐに近代的なコンクリートの県庁橋から一線を画いて・・・・・・更に二丁目橋から大町通りまでは秋田の銀座通りである、未だ工事中でゴタゴタした縄張りやらゴロゴロした工事の石ころ道で車馬の往来も止めているがやがて九月の中旬頃に秋田市唯一の近代的都市道路が出来上がる、南側は昔ながらの那波商店の古い木造建てやら何やらの軒並みで依然たる旧態だが北側は勧銀、たかや下駄店、成田理髪店、榮太楼菓子店など何れも耐火式の堂々たる屋並で一線を引いたように軒をそろえ三間半の道幅は二倍に拡げられて七間の大道路、それには充分な下ごしらえした上にコンクリートでかためその上を最新式のセメント「コールドピンチ」で張ることになっている、新しい洋風の建築軒をそろえ、雨がふってもぬからず風が吹いてもほこりのとばぬ立派な都市道路が二足三足あるけばつきるような距離ではあるが秋田市の真ン中に出来上がるのだ
大正十四年九月『秋田魁新報』より
もともとは幅三間半(約6.3メートル)だった小路の北側部分を撤去し、七間(約12.6メートル)に拡幅・舗装。拡幅された北側にモダンな新建築が並び、南側を占める那波家敷地内の建物はそのまま残った。


勧業銀行秋田支店・ルネサンス様式建築

竣工したばかりの勧銀。道路はまだ工事中。

秋田における舗装道路の歴史について、『秋田県土木史』に
県内における舗装状況については、道路課の舗装台帳によると、最初の舗装は昭和8年(1933)に横手市並びに増田~十文字間でアスファルト系の舗装が行われたことになっている。‥‥中略‥‥秋田市内の道路の舗装は、国道は直轄事業としてコンクリート舗装で着工され、また市内のメインストリート広小路は昭和10年にアスファルト加熱混合式で舗装されている。
『秋田県土木史』より
とあるが、県の記録に残っていない、大正末に実施された県庁前通りが県内初の舗装道であったに違いない。県の中心庁舎である県庁前に延びる道路を、大正十四年十月に予定されていた、摂政宮(のちの昭和天皇)行啓に合わせ、他所にさきがけて舗装したものだろう。


大正十四年、道路拡幅時点の略図

昭和四十年代初頭、勧銀の建つ北側を取り壊し、二丁目小路を36メートルに拡幅(上図の黄色部分)、現在の山王大通りが完工する。このときも前回と同様に南側は手が付けられていない。拡幅工事を前に、那波三郎右衛門家の通りに面する角地に「升屋」(那波商店呉服衣料品部)が新築された。

拡幅工事を前にした昭和四十年発行の住宅地図で、今は道路となった北側部分を確認すると、西から勧銀・日本タイプ・成田理容所・那波酒店・大同生命となっている。すでに「多可屋履物店」(現・登美屋)は通町に移転。戦時中の企業合同により菓子の製造ができなくなった榮太楼菓子店は、廃業を決意し和洋折衷のモダン店舗を大同生命に売却するが、戦後まもなく現在地の川反二丁目で株式会社として復活した。


2010.10

ケヤキ並木の中央分離帯から左側(北側)路上に、かつて勧銀をはじめとした建物が連なっていた。


2010.11

「那波呉服店」の跡地に「JTB 東北秋田支店」(旧・交通公社)、その東隣の「升屋」は近年、川反三丁目に移転、その跡地に「大和ハウス工業」が秋田支店を新築。


大きな地図で見る
_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 人徳の商家・那波家

二〇世紀ひみつ基地 市電が走る街・大町

二〇世紀ひみつ基地 那波呉服店という升屋の看板

二〇世紀ひみつ基地 ケヤキ並木のレストラン・那波家水汲み場

二〇世紀ひみつ基地 土手長町官庁街の中心地・秋田県庁舎

二〇世紀ひみつ基地 掲示板のある風景・土手長町県庁前通り

二〇世紀ひみつ基地 家印のある風景・那波系編

二〇世紀ひみつ基地 大町二丁目交差点・二丁目小路変遷

関連リンク

菓子舗榮太楼 秋田のお菓子、お土産、和菓子をお取り寄せ!

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/12/03 16:20 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/767-e35274d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT