二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

遅咲き桜二題

20050509230522.jpg
カスミザクラ・霞桜

久保田城の正門であった黒門の近く、脳研側のお堀の土手に、千秋公園内では一本だけ残るカスミザクラ。樹高高く、白っぽい花の密生は遠目に霞がかかったかのように見えるためカスミザクラという。田植え時期に咲くので「田植えザクラ」の名も。角館の桜皮細工はヤマザクラ及びカスミザクラの樹皮が使われている。

20050509230536.jpg
ウコン・鬱金

千秋公園本丸、百軒長屋跡から、あやめ茶屋へ降りる途中、これも公園内に一本しか無いと思われる。

淡い黄緑色が目を惹く八重桜の一種、江戸時代からの栽培種。花の色が鬱金の根(ターメリック)を使って染めた鮮やかな黄色に似ているためウコンと名付けられた。散り際には花の中心が紅色に染まる。

20050509230550.jpg
鬱金・落花

| 散歩写真・路上観察 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/76-705394b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT