二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

歯車ぐるぐる幾何学模様

昭和四十年代、祭りの露店には、色とりどりのカラフルなプラスチック製の定規が並べられ、その前には人だかりができ、テキヤのおじさんが手際よく描く花模様に見とれていた。それは、歯車の穴にペンを指してぐるぐる回すと、奇麗な幾何学模様が描けるオモチャ。

正式名称は「スピログラフ」といい、考案者はイギリスのエンジニア、フイッシャー氏。1965年ころ商品化し店頭に並ぶと、ろくに宣伝もしていないのに口コミで爆発的ブームとなる。

20050507182949.jpg
米国KENNER'S社 1967
20050507183003.jpg
豪華セット!!

日本で「スピログラフ」を売りだしたのは、釣具メーカーのダイワ精工。海外戦略のために飛び回っていた当時の副社長がブームに目をつけ、考案者と会い輸入販売の契約をまとめる。最初は輸入品を売っていたが、国産化し販売するために「株式会社セイコウ」を創設、西山清章商店が販売窓口となりデパートや玩具店へ流通させたが、ブームの終焉とともに「株式会社セイコウ」も解散している。

20050507182936.gif

昭和四十二年当時の価格は1.750円、公務員の初任給が25.200円の時代だからかなりの高級玩具であった。しかし、都内百貨店での実演販売は好評で、予想以上の売り上げだったという。

祭りの露店に出ていたバチモン(まがい物)の小型定規は50円くらいだったと思うが、ボールペンを差し込む穴が貫通していない不良品も多かった。

商品名は「スピロデザイン」(株式会社タカラ)、「デザインスケール」など。

20050504233405.jpg
実演販売中のインドの露天商

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 18:30 | comments:4 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2005/05/09 00:26 | |

プラトさんへ

リンクの件、了解しました。
次回のコメントでプラトさんのサイトURLをお知らせ下さい。

| たふらんけ。 | 2005/05/09 23:41 | URL |

こんばんは。

ご返答ありがとうございます。
URLを追記しておきました。

| プラト | 2005/05/10 00:46 | URL | ≫ EDIT

これ、さがしているんです!!本格的な物を!
100均一とかではなく、このような物を!
今、ムショーにくるくるしたいのです。子どもの頃もっていたのですが母親に処分されたようです(泣)
もしお持ちで不要な方、現在入手可能なのか、ご存知の方教えてください!!

| あぼお | 2007/11/04 20:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/75-1129a4c2

TRACKBACK

秋田を「知る」blog

今日は、僕のとても気に入っているブログを紹介します。「二〇世紀ひみつ基地」(たふらんけ。さん)秋田の民俗文化や歴史を載せた、小さな博物館の様なブログです。イラストも美しく、当時を偲ばせる記事ひとつひとつが魅力的です。その頃を知る30代以上の...

| 哲学カフェ/秋田館 | 2005/05/10 00:51 |

「カラフル」でブログ検索してみました。

「 カラフル 」の検索結果で、「二〇世紀ひみつ基地 .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。

| 日刊カタログ | 2005/05/12 12:02 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT