二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夜店の明かりに誘われて

20050502215044.jpg
千秋公園桜祭り・湖月池夜景


桜祭りの期間、千秋公園の入口(中土橋)から延々と両側に続いていた露店が一気に減少したのは、暴力団追放運動に関連して、テキヤの露店が軒並み排除されてからのことだった。味も素っ気もない素人露店がまばらに出ただけの、その年から数年間の桜祭りは寒々とした光景だった。その後、テキヤの露店も徐々に復活したが、あの頃の賑わいを取り戻すことはもう出来ないのだろうか。

20050502234809.jpg

白熱電球のオレンジ色の明かりを放つ夜店は、一瞬にして郷愁の彼方へと連れていってくれる時間移動装置・・・・・・・・・・。一回使えばすぐに切れ味が落ちる万能ナイフ(ガラス切り)を、見事な実演と口上で売るオヤジ。人だかりの向こうの啖呵売(タンカバイ)の声は、ノコギリなどの刃物専門店。針金をペンチで巧みに曲げ、自転車、鉄砲などのオモチャを作るオヤジ。祭りの間だけは子供も楽しめるパチンコ台も並び、怪しげで魅力的な露店が連なる道を、胸躍らせながら時間を忘れて歩いたあのころ、幼なじみのあの娘は、裸電球の明かりに照らされて、いつもより可愛く見えた。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/73-c41bcddc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT