二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花祭り・田の神・お花見

20050430140519.jpg

キリストさんの誕生日を浮かれ騒ぐ、いちおう仏教徒であるはずの日本人のほとんどが、お釈迦さんの誕生日を知らず祝うこともない。

釈迦牟尼の誕生日・灌仏会(かんぶつえ)は旧暦の四月八日ということになっていて、秋田仏教会では桜の花の咲くころ、四月二十九日、みどりの日に、寺町の寺院が持ち回りで会場となって開かれる。お寺を出発した稚児行列は、誕生仏を乗せた白い象を曳いて大町周辺を一周して戻り、誕生仏に甘茶を掛け法要をとり行う。

20050430140536.jpg

20050430140552.jpg

仏教の花祭りは、夏のお盆と同じく、日本古来の習俗と仏教行事が融合したもの。旧暦四月八日のころ、霊山に登って花を摘み、山の神様を里に向かい入れる行事が各地にあり、「春山入り」「花の日」「花祭り」などと呼ばれていた。

山の神は里に降りて田の神となる。田の神(稲穂の穀霊)の名を「サ」と呼び、「サ」を迎える祭りを「サオリ・サ降り」や「サビラキ・サ開き」という。田植えが終り、田の神がひとまず山に帰られることを「サノボリ・サ昇り」というのは、「サナブリ」の語源で、この日は「サナエ・早苗」を植える「サオトメ・早乙女」を上座に据えて、サの神(田の神)を送る饗宴を開き皆の労をねぎらう。

「花祭り」のころは桜の花を愛でる花見の季節。桜は古くから農耕に関連して日本人に親しまれ、桜の開花により田植えの時期を知り、咲き具合、散る姿を見てその年の稲の収穫を占った。

20050430140501.jpg
葉と花が一緒に開くヤマザクラ

サの神(田の神・穀霊)が「サクラ」の語源という説がある。「サ」は穀霊、「クラ」は穀霊が降臨する「神座・カミクラ」、すなわち「サクラ」は農耕の神が宿る依り代(ヨリシロ)というのである。それを象徴する神が「木花之佐久夜毘売命・コノハナサクヤヒメ」。コノハナサクヤヒメは山の神の総元締め「大山祗神・オオヤマツミノカミ」の娘で、父の命を受け、桜花に姿を変え、稲の穀霊として地上に現れたとされる見目麗しき女神。

田植え前の一日、野山に出て山桜の木の下で、稲の成熟を神に祈願する行事が、お花見のルーツという。花見酒は神に捧げるお神酒であり、人はそのお下がりを頂戴した。「サケ・酒」は「サカズキ・杯」に、「サカナ・肴」は「サラ・皿」に載せて……、これらの頭にサの付くモノも、サクラと同じく神と関わりのあるコトバという説も。

東北の農民は、桜に先だって開花するコブシの花を「田打ち桜」または「種まき桜」と呼び、この花が咲くと、田起こしを始めても良い時期とし、花の咲く向きで稲の豊凶を占った地方もあるという。芽吹き始めた山里に点描の如く白い花を開くコブシの花、これもまた農耕の神が宿る「サクラ」であった。

20050430150807.jpg

| 祭り・民俗・歳時記 | 23:00 | comments:1 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

写真で拝見したところ、秋田仏教会の花祭りは盛大ですね。
稚児行列と白い象。子どもたちも喜んだことでしょう。
花祭りは日本古来の習俗と仏教行事が融合したものと聞いていましたが、
具体的には知りませんでした。参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

| ほうゆう | 2005/05/12 08:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/71-1bc2db7b

TRACKBACK

本日は釈尊降誕会(灌仏会・浴仏会・仏生会・花まつり)です!

【始めに】本日4月8日は、釈尊の誕生日になります。そしたら、ヨハネ・パウロ二世の葬儀ですか{/kaeru_cry/}こっちの方が話題になるし、或る意味で仏教徒的にはアララ?という感じです。無論、一宗教家・一平和主義者が亡くなられたことへ哀悼の意を表するのに人後に落ちる

| つらつら日暮らし | 2005/05/01 01:31 |

花祭り

本日、花祭りが行なわれました。子どもが大勢来てくれて良かったです。甘茶を飲んで、紙芝居を見て、みんな嬉しそうにお下がりのお菓子と風船を持って帰りました。花祭りはブッダの誕生を祝うお祭です。ブッダの誕生日は4月8日。ですが、地域によって旧暦で行事をする

| 『大宝寺記』 | 2005/05/12 08:23 |

今日は花祭り

はじめまして。「秋田おそがけ新聞」の鈴木めた朗と申します。こちら六郷でも、花祭りがありました。秋田の稚児さんも、かわいいですね。

| 秋田おそがけ新聞 | 2005/05/25 15:52 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT