二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

成長の群像・明徳小学校モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その6


阿部米蔵「成長の群像」昭和28年(1953)明徳小学校校庭

千秋公園入口の旧明徳小学校校庭(現・市立中央図書館明徳館)に、創立70周年を記念して設置された白セメント彫刻。校舎の移転にともない北の丸の現在地に移設。

立像の男児と背中合わせに座像の女児を配し、相対する二つのものの調和を表現。水平と垂直が交差する台座、それを取り巻く円形の池もまた、作品を構成する重要な要素である。





野外モニュメントとしては最初の作品である当彫刻を手始めに、30年代から40年代まで、阿部氏が学校の校庭や校舎壁面などに制作した校内モニュメントは約25作品。


大きな地図で見る


旧明徳小学校(現・市立中央図書館明徳館)


阿部米蔵「不染汚(2)」昭和38年(1963)第27回新制作展

明徳小学校跡地に建つ、市立中央図書館明徳館二階に展示されている木彫作品。野外のパブリックアートと一線を画し、展覧会用に創作した彫刻は抽象的なものが多い。

_________

関連リンク

秋田市立明徳小学校

秋田市 - 中央図書館明徳館トップ

関連記事

阿部米蔵によるパブリックアート・その1
二〇世紀ひみつ基地 中通タマゴ公園のひみつ・遊びの彫刻

阿部米蔵によるパブリックアート・その2
二〇世紀ひみつ基地 団欒の群像・秋田駅前モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その3
二〇世紀ひみつ基地 自由の群像・八橋陸上競技場前モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その4
二〇世紀ひみつ基地 交通安全のモニュマン・山王大通り

阿部米蔵によるパブリックアート・その5
二〇世紀ひみつ基地 千秋公園の水鳥モニュメント二題

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/704-9e4ee3e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT