二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

交通安全のモニュマン・山王大通り

阿部米蔵によるパブリックアート・その4


阿部米蔵「交通安全のモニュマン」昭和39年(1964)

交通事故による死者数が急増し「交通戦争」という新語が生まれた30年代末に、交通安全の願いを込め、秋田ライオンズクラブが建造した、「女子中学生が小学校の男児をいたわりながら道を渡る姿」を彫刻したブロンズモニュメント。



当所は二丁目橋の東側、土手長町通りの第一勧業銀行秋田支店(現・みずほ銀行秋田支店)前の中央分離帯緑地に設置されたが、その後の交通量の増加で分離帯が撤去されたため、二丁目橋の西側、拡幅工事が完工した山王大通り(通称・竿燈大通り)の現在地に移された。




大きな地図で見る

_________

関連記事

阿部米蔵によるパブリックアート・その1
二〇世紀ひみつ基地 中通タマゴ公園のひみつ・遊びの彫刻

阿部米蔵によるパブリックアート・その2
二〇世紀ひみつ基地 団欒の群像・秋田駅前モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その3
二〇世紀ひみつ基地 自由の群像・八橋陸上競技場前モニュメント

| 散歩写真・路上観察 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/697-4e851732

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT