二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ホームコメディの主題歌は「生きてるって言ってみろ」


一家だんらん物語 新番組予告

バックに低く流れるのは、友川かずき(現・友川カズキ)が唄う、連続テレビドラマ『一家だんらん物語』(1986)の主題歌「生きてるって言ってみろ」。

まだ30代の半ば、切れ味の良いナイフのような伸びのある声で、笑うように、また泣くように喉を震わせ絶叫する友川節が健在。

還暦も間近となった今は、若いときとはまた違った枯れた味わいと深みがあるが、ライブパフォーマンスの点では最も充実し、今も語りつがれる伝説的ライブをくり広げていた時代の録音である。

「生きてるって言ってみろ」のオリジナルは、1974年、東芝からリリースされたセカンド・シングル。主題歌として使われることが決り新たに録り直され、1986年 CBSソニーから再リリースされた。

若いときはこの曲をやると、必ずギターの弦が何本か切れ、唄い終わるころには5本の弦がぶっ飛び、もうギターだか打楽器だか訳のわからない状態になり、その指先に血がにじむのを間近で目撃したこともある。まったくもって正気ではない。

それにしても、こんなとんでもない曲がメジャーレーベルからリリースされ、ドラマの主題歌に選ばれ、ゴールデンタイムの茶の間に流れていた時代は、今から思えばとんでもなく面白い時代だったのかもしれない。

このドラマで友川は主題歌のほかに、近所の住民というちょい役で出演もしている。秋田なまり丸出しで。

秋田なまりといえば、1983年公開の映画『戦場のメリークリスマス』で坂本龍一が演じたヨノイ大尉の役に、大島渚は当初、友川を想定していた。しかし、あの役に秋田なまりは似合わない。大島は友川に「秋田なまりを直すつもりはないか」と問うが「ない」という返事、やむなくあきらめた大島は代役として坂本龍一を選んだという。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 産館ホールへ行こう
二〇世紀ひみつ基地 どこにもない絵・友川カズキ
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキはコトバを越える
二〇世紀ひみつ基地 秋田の犬、EUで吠える
二〇世紀ひみつ基地 広小路に「ヤング広場」オープン・1972
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキと能代バスケット
二〇世紀ひみつ基地 映像作家ヴィンセント・ムーン、友川カズキに迫る

| 読む・観る・聴く | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

はじめまして。
この曲は何回もレコード化されてますね。
(確か77年にもレコード化されていたと思います)

「戦場の~」のエピソードですけど、
なぎら健一さんの著書『日本フォーク私的大全』によると、
友川さんの代わりに選ばれたのはビートたけしさんだとあります。
どちらが正しいのでしょうね?

それにしても、若いときの友川さんのライブを間近で見られたとは
うらやましいです。
私は10年ほど前に1度だけ見ましたが、穏やかというかゆるい曲が多くて
少し残念だった思い出があります。
それでも自分で弦を引っ張って切っていたりと、すごかった思い出もありますが(笑)。

| ごろんた | 2009/11/09 23:27 | URL | ≫ EDIT

Re: はじめまして

本人は坂本龍一の役だったと語っていたように思いますが、かなり酔いが回っておられたので、正確なことは判りません。

「自分で弦を引っ張って切る」というのは、切れた弦が弾くのにじゃまになって、抜いているんでしょうね。今はギターを二台用意して、弦が切れたらマネージャーが張り直していますが、昔はボロボロのギター一台。

友川のステージは体調の関係もあって、調子の良いときと悪いときのギャップが大きいですからね。調子が乗ったときの神がかり的なステージはすさまじいものがありました。

今も観客の爆笑を誘う MC ですが、若いときは下ネタが多くて、数少ない若い女性ファンは顔を赤らめてましたね。

| 川端たぬき | 2009/11/10 00:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/667-a9d1bfac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT