二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フック船長の紙芝居屋さん

牛島商店街の貸本屋「牛島文庫」は、紙芝居屋を兼ねていたのか、それとも紙芝居を貸し出していたのか、店のわきに紙芝居を乗せた自転車を停め、腰をおろしてタバコで一服するおじさんの姿をよく見かけた。

楢山・牛島界隈を縄張りとするその紙芝居屋は、胸の前にぶらさげた大太鼓を打って、歩きながら子どもを呼び込み、紙芝居中に肝心な場面で入れる合いの手も「ドン!ドン!」と太鼓を鳴らす。



おじさんの片手は戦争で失ったのだろうか(復員兵の紙芝居屋が多かったという)、ピーターパンに登場する海賊のフック船長のような、クルンと丸い金属製鉤手(フック)の義手で、その銀色ににぶく光る片手を器用にあつかうおじさんの存在自体が、紙芝居の登場人物の一人であるかのような不思議な光景が、強く心の片隅にしみついている。

牛島文庫にはもう一人、赤ら顔でアル中気味の紙芝居屋がいたと思う。それがこのフック船長と同一人物であったのかもしれないが、そのへんの記憶が定かではない。

彼らは5円か10円ほどのセンベイや飴を売って紙芝居を見せる。お菓子を買った子どもらは最前列で堂々と見ているが、買えない子どもは後方で遠慮がちに“タダ見”する。人気のあったカタヌキ(下記関連リンク参照のこと)は、今もお祭りの露店で見かける精糖粉を原料にしたものではなく、べっこう飴を板状にしたヌキ飴で、絵柄を壊さずにヌクのは難しかった。


『黄金バット』 アサヒグラフ別冊『戦中戦後 紙芝居集成』(1995)より


『ライオンマン』 アサヒグラフ別冊『戦中戦後 紙芝居集成』(1995)より


『チョンチャン』 アサヒグラフ別冊『戦中戦後 紙芝居集成』(1995)より

街頭紙芝居で演じられたジャンルは、活劇もの、漫画、冒険もの、時代もの、母子もの・・・・・・と幅広く、なかには不気味で猟奇的な内容の物語もあった。

昭和初期の紙芝居黎明期に誕生し、のちにテレビアニメにもなった『黄金バット』にしても、“赤マントをまとった骸骨”という奇っ怪な姿であったし、水木しげるの『ゲゲゲの鬼太郎』のルーツである、戦前の紙芝居作品『ハカバキタロー』(伊藤正美原作)は、姑にいびり殺され、胎児を孕んだまま土葬された嫁の墓の下で、主人公に成長することになる赤ん坊(キタロー)が、母の死体を食べて育ち、地上に這い出し、やがて姑に復習するという、なんともおぞましき物語。


『母の唄』 アサヒグラフ別冊『戦中戦後 紙芝居集成』(1995)より
貰われた家で養父母に虐待される姉弟

紙芝居の起源は、明治時代に見世物小屋で演じられた「立絵芝居」という、紙人形を使った見世物に由来するという。見世物小屋の闇を源流とし、やがて街頭にとびだした紙芝居は、おのずと見世物的かつ大道芸的な泥臭さをともなう、特有な匂いをただよわせていた。

時代が下るにつれその傾向は薄められるものの、幼稚園や小学校で見せられた教育紙芝居とは対照的な内容の街頭紙芝居は、低俗な内容ゆえに当局による取り締まりの対象となることもあったという。


『妖怪大あばれ』 アサヒグラフ別冊『戦中戦後 紙芝居集成』(1995)より

大道を舞台に、正義の味方が活躍する冒険活劇を演じ、ときには混沌と不条理うずまく、この世とあの世の闇をもかいまみせ、異界から訪れたマレビトの如きフック船長の紙芝居屋は『この続きはまた明日・・・』としめくくり、片手のフックをにぶく光らせながら、暮れゆく街並の彼方へと消えてゆくのであった。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 貸本屋と貸本漫画の日々・消える昭和

関連リンク

カタヌキ菓子のサイト

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

川端たぬきさん、今晩は。 ご無沙汰しておりました。
紙芝居は私が小学生の時はまだ有りました。 フック船長はお見かけしませんでしたが、楢山地区にも来て居られました。
5円、10円を握りしめて菓子を買い紙芝居の世界に入って居た時を懐かしく思い出して居ります。
貴重な記事、有りがどう御座いました。 
それでは。

| 洋 | 2009/10/21 18:08 | URL |

Re: タイトルなし

多分同じ人だと思いますが、昭和40年代のはじめころまで、楢山周辺にも紙芝居屋が来ていましたね。

| 川端たぬき | 2009/10/22 10:20 | URL |

川端たぬきさん、はじめまして。
二日かけてやっと、過去の更新から全て拝見させていただきました。
私は大学で秋田の城下町について卒論を書きましたが、たぬきさんも相当歴史に造詣が深いとお見受け致しました。当時、このようなサイトがありましたら、卒論も簡単に完成できたのではないかと思います。
さて、私の実家は牛島で、幼稚園は秋田南幼稚園(城南中近くの)でした。そこの廊下には、大量の古い紙芝居が並んでいたのを記憶しています。もしかして、牛島文庫の払い下げだったのかなぁと、これを見て思いました。
これからも更新楽しみにしています。

| around30 | 2009/10/23 07:09 | URL |

子どものころ、南幼稚園のあたりは一面の田圃が広がっていて、春にはドジョウ釣り、夏は蛍狩などで遊んだものです。水路には小鮒が泳ぎ、大きなカラス貝も採れました。

その紙芝居が当時の手描きのものなら、相当の高額で売買される「お宝」ですので、もし今もあったら大切に保存してください。

| 川端たぬき | 2009/10/23 17:46 | URL |

お久しぶりです。いつも懐かしく拝見してます。さて牛島の太平川のほとりにあった紙芝居の元から 楢山辺りに廻っていたと 記憶してます。50年も前の事で定かでありませんが。女性の紙芝居さんが居たの思い出しました・・・拍子木か太鼓か忘れましたが 金の無い子も後ろにして 観せていたような記憶してます。もう20年程帰ってないので ひみつ基地は楽しみです・・・。あっそれから 鹿島さんの船山画伯が キャンディー沼で念じたら 波が立って雲が湧いたって話も思い出した・・・子供だったので信じたな~

| ポタリング | 2009/10/25 12:33 | URL |

Re: タイトルなし

女性の紙芝居屋さんというのは珍しいですね。
舟山先生に関する伝説は数限りなく、
お祭りのとき、キャンデー沼で祝詞をあげると、
必ずロウソクの灯が消えるほどの風が舞った、という話を聞いたことがあります。

| 川端たぬき | 2009/10/25 17:08 | URL |

私は牛島の“ヒラキ”に住んでまして、紙芝居のおじさんの事はギリギリ記憶があります。
なんか、やわらかい飴を動物の形に細工して売ってたような覚えがあります。

ところで牛島の西、丁度「卸団地」の後ろ側の地域を何故「ヒラキ」と呼ぶのでしょうか?

| TheMan | 2010/02/03 22:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/659-0b792cf4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT