二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋田東映劇場から伝説のディスコへ、そして・・・

●秋田東映会館の誕生


新聞広告(部分)1968

昭和30年代初頭から東映直営の映画館があった秋田市大町五丁目に、昭和43年(1968)東映が経営する「秋田東映会館」竣工。鉄筋コンクリート 3階建て、1階に駐車場と喫茶店、2階がボウリング場、そして3階が収容人員450人の東映直営館「秋田東映劇場」。



当時は東映ヤクザ映画の全盛時代、こけら落としには梅宮辰夫ら東映スターが来場、『任侠列伝』と『盛り場ブルース』が上映される。



昭和52年(1977)、東映系では「秋田東映」および「東映パラス」が入居するシネコン「有楽町プレイタウンビル」のオープンにともない「秋田東映劇場」閉館。


●伝説の大箱ディスコ時代

昭和53年(1978)8月、「秋田東映会館」を改装した飲食店ビル「大町 NK ビル」開業。映画館のあった3階部分に、「ディスコはうす・プレイボーイ」が入居、前身が映画館だけあって天井が高く、300人を超えるキャパがある広いフロアを誇る、秋田初の大箱ディスコの誕生であった。

世界的なディスコ・ブームを巻き起こした、ジョン・トラボルタ主演の映画『サタデー・ナイト・フィーバー』が公開されたばかりとあって、ディスコ「プレイボーイ」は若い世代を中心に人気を呼び、附属のロッカールームで派手なファッションに着替えた会社帰りのOL・サラリーマン・学生らが連日のフィーバー、一日5~600人が入場する盛況がつづく。

数年後、「プレイボーイ」から「エアーライン」と店名変更。左隣に「第2NKビル」オープン、初代のNKビルは「第1NKビル」となり、後に右隣に「第3NKビル」もオーブン。


第1NKビル(旧秋田東映会館)2009.07

90年代は「スタディオン」の名で営業をつづけるが、長いあいだ若者の社交場としてあったディスコ(クラブ)もやがて閉店、その跡に数年前からキャバクラ「ニュークラブ・カプリコーン」が入居していた。


2008.09

第1NKビル入口の上に設置されていたディスプレイ、上の画像に撤去した跡が黒ずんで残る。カプリコーンは川反四丁目に移転。


●伝説のディスコ・一夜限りの復活そして・・・

今年(2009)の2月、第1NKビルのカプリコーン跡を会場に"伝説の夜が1日復活"と銘打ったディスコ復活イベント「the DISCO」が開催された。発起人はローカル・タレントのシャバ駄馬男。アラフォー世代となったかつてのオーディエンスも集合し、一夜限りの復活にフロアが埋めつくされた。




この復活イベントの流れをうけて、8月末「ニュークラブ・カプリコーン」跡に、イベントスペース「@CLUB AK」がオープン。



そしてこの(2009年)11月1日「@CLUB AK」にて、前回好評だった"伝説のディスコ復活"の第二弾「the DISCO Part2」が開催される。

ヤクザ映画や東映アニメが上映された映画館から、伝説の大箱ディスコ(クラブ)へ、そしてキャバクラからクラブへと、それぞれの時代のモードとサウンドとともに多くの若者が交差し、それぞれの想いが刻まれたホールの歴史はまだ終わらない、築40年を超えたこのビルが解体されるまで。



_________

関連リンク

the Disco トップページ
「the DISCO」の画像・動画

hair make ragg 200902
数日にわたって「the DISCO」の画像大量

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 ディスコ夜光虫の時代

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/642-8a4c41ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT