二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1977 大町にロッキンハウス誕生・旧夜光虫

昭和47年(1972)協働社大町ビル(現・協働大町ビル)一階に誕生したディスコ「夜光虫」は、昭和52年(1977)5月「ロッキンハウス」と名を変えて、リニューアル・オープン。


新聞広告 昭和47年(1972)

オープニングの8日間は内田裕也、次いで、ギタリスト竹田和夫率いるクリエーション(クリエイション)、 安岡力也など、日本のロック黎明期に活躍したミュージシャンが出演。

クリエイションの名は知らなくとも、この曲は聴いたことがあると思う。


クリエイション「スピニング・トゥ・ホールド」

プロレスラーのザ・ファンクス(ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク)の得意技、スピニング・トゥ・ホールドをイメージしてつくられた、ザ・ファンクスの入場テーマ曲にしてクリエイションの代表曲。

70年代後半から80年代にかけて、日テレのプロレス中継に釘付けになっていた世代には、なつかしき名曲である。

ディスコ夜光虫の時代

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/640-62e4d1ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT