二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

米国からやってきた凄い玉・スーパーボール

昭和41年、少年たちのあいだに“凄いボール”の噂が駆けめぐった。

地面に叩きつけた小さなボールが、大きくバウンドして三階建てのビルを軽く超えたとか、とにかく噂の方が先行していて、その現物を手にしたのは、それからしばらくしてからのことだったと思う。

カリフォルニアの科学者 ノーマン・スティングレーが発明したゴム製ボールを、玩具メーカー Wham-O社が改良を加え、スーパーボールの名で発売したのが1965年(昭和40年)。



少年少女たちのあいだで熱狂的に受け入れられたスーパーボールはやがて大人をもとりこにし、その年のクリスマスまでに約700万個が販売される大ヒット商品に。のちにその玩具の名から、アメリカンフットボールの対抗戦である“スーパーボウル”のネーミングも生まれる。


Wham-O社・創業者リチャード・ナー氏

Wham-O社はスーパーボールのほかに、フラフープとフリスビーディスクを製造したことで有名な、米国を代表する玩具メーカー 。

発売当初の TVCM

スーパーボールの素材は、タイヤなどに使用されるポリブタジエンラバーという合成ゴム。反発弾性にすぐれた特性を活かし、ゴルフボールの核としても使われている。

米国の大ヒットから間もなく、Wham-O社のスーパーボールは、日本にも輸入され、本国と同様に人気玩具に。

ラーメン一杯が80円(東京都内)の時代、正規輸入品の価格は一個100円から180円ほどと、子どもにとっては比較的高価な玩具だったスーパーボール。その特性がわざわいし、ようやく手に入れたのもつかのま、すぐに紛失して泣きをみることも。

その頃にはすでに、国産の安価な類似品が流通していたが、本家と比較すると反発力の劣るものが少なくはなかった。


新聞広告 昭和41年

キャラメルに封入されたカードを集めて応募するグリコの景品。

地味な単色がカラフルになり、バリエーションが増えてから、ガチャガチャ(カプセル・トイ)の商品としても使われ、やがてテキ屋(露天商)の定番商品に。

昭和40年代初頭のつかのま、世代を熱狂させた往年のハイテク玩具も、今ではありふれて安価な駄玩具。当時の子どもらが、お祭りの露店にあふれるスーパーボールを目撃したならば、目を丸くして驚くことだろう。


スーパーボールすくい

昭和30年代からゴム風船などを製造する、エスエージーバルーンズ株式会社(旧・伸栄ゴム)は、早くからスーパーボールを手がけたメーカー。現在もスーパーボールのほかに、バルーンペット(お散歩バルーン)など、テキ屋向けのネタを多く取り扱っている。

スーパーボールで思いだされるのが、数年前にネット上で話題になった、ソニーのハイビジョン液晶テレビ BRAVIA の TVCM(国内未放送)。

サンフランシスコの一地区を閉鎖し、空気銃から一気に打ち出された、色とりどりのスーパーボールがストリートを乱舞する光景をとらえた幻想的な映像は一見の価値あり。

Sony Bravia

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 フラフープでふぅらふら

なつかしの遊び(ひみつ基地内タグ検索)

関連リンク

Wham-O, Inc.

The Original Wham-O (R) Super Ball (R) - - The "Most Amazing Ball Ever Created By Science."

The World's Largest Bouncy Ball Archive.
スーパーボール・コレクション

S.A.G. BALLOONS
エスエージーバルーンズ株式会社(旧・伸栄ゴム)

★event-goods.jp★スーパーボール関連グッズ
イベント用スーパーボール販売

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

オリジナルを買った世代です。

どこへ飛んで行ったのでしょうね?ボクのスーパーボール。

大きくて存在感があったんですがねえ。アメリカの再販品も一回り小さいようでオリジナルで遊びたいなあ。

| おーはら | 2015/04/21 23:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/620-cd3c3692

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT