二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家印のある風景・那波系編

家印(いえじるし)とは商家をあらわす記号、店頭の暖簾・看板などに印された、今でいうロゴマークのこと。

今回は街角でみつけた、秋田を代表する商家・那波家とその分家の家印を特集。

まずは本家の那波商店(那波三郎右衛門家)の家印「一に△」から。


那波呉服店 大正期


升屋 04.03(消失物件)

山王大通りに面した那波呉服店の跡地に昭和40年代に竣工した「升屋」(那波商店呉服衣料品部)。


「升屋」現店舗 川反三丁目


那波商店醸造部 土崎

味噌・醤油の醸造元、ブランド名は「山蕗」。


新聞広告 昭和6年

那波商店酒造部の酒銘は当初「秋田川」だったが、仙北の同業者に商標登録を先に申請されたため、後に「銀鱗」と改名し今に至る。


家印入、備前焼の甕(かめ)

那波商店の酒屋では、このような家印の入った甕に自家製の清酒を蓄え、柄杓ですくって、量り売りやモッキリにしたという。


那波紙店倉庫

那波伊四郎商店(那波紙店)の、本家の「一に△」を「□」で囲った家印。

茶町の「那波紙店」の筋向かい、豊島町の角地でかつて営業していた「那波陶器店」の家印は、「那波紙店」の家印をさらに「○」で囲んだものだった。(下図参照のこと)


舛屋薬局 土崎

「一に△」に「モーニング娘。」のように「。」(句点)をつけた、土崎の「舛屋薬局」。「舛屋薬局」の詳細は以下関連リンクに。


登美屋

こちらは本家の「一に△」を「◇」で囲んだ、通町の「はきもの登美屋」(多可屋家)の家印。那波本家に近い川反二丁目でも、名字を冠した「多可屋履物店」の名で営業しており、そちらは「一に△」を「○」で囲んだ家印を使っていた。(下図参照のこと)


登美屋



_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 人徳の商家・那波家

二〇世紀ひみつ基地 那波祐生と感恩講

二〇世紀ひみつ基地 那波紙店・町家

二〇世紀ひみつ基地 舛屋薬局・町家

二〇世紀ひみつ基地 那波呉服店という升屋の看板

二〇世紀ひみつ基地 ケヤキ並木のレストラン・那波家水汲み場

関連リンク

地酒物語ネット~地酒銀鱗の那波商店

| 散歩写真・路上観察 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/609-5d6d6d21

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT