二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

公孫樹様専用・通り抜けの穴


大橋屋旅館 09.05

通町橋のたもとに建つ、“小便小僧”モニュメントの向かい、大橋屋旅館の庇に穿たれた、公孫樹(いちょう)の通り抜け穴。改築の際、門前の公孫樹をそのまま保存するために開けたものと想像される。

もともとは外町の職人町・大工町(通町)で営業していた旅館で、大正7年、かつては秋田市の官庁街であった土手長町に移転。

公孫樹のために四角く穴の穿たれた庇の上に、木製で年代物の旧称“大橋旅館”の屋根看板が上がるが、戦後の“左横書き”なので、それほど古いものではない。

_________


関連記事

二〇世紀ひみつ基地 橋のたもとの小便小僧・平和記念像

土手長町(ひみつ基地内タグ検索)

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/595-a3a9ad50

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT