二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

薹立ちて綿毛の輪廻風に舞う


09.05.02

春先には土から頭だけを出していた蕗の薹(フキノトウ)の花茎も、今は大きく伸びきって、そのてっぺんに白くやわらかな綿毛をつける春五月。

蕗の薹や菜の花の幹が伸びきった状態のことを「薹が立つ」といい、固くなり食べ頃を過ぎてしまったことから、若い盛りを過ぎた人、とくに婚期を過ぎた女性に対して使われ、また、芸事などに熟練することに対してもいう。

蕗の薹には雄株(男)と雌株(女)があり、「薹が立つ」のは雌株だけ。

黄色い花粉をつける雄株の方が、苦みが強いというが、食べ頃であるつぼみの状態では判別がつかない。その雄株(雄花)は花粉を飛ばす役割を終えると、伸びることなく醜く枯れてしまい、「薹が立った」雌株は、種子を孕んだ白い綿毛に命のリンクを託し、春の風に放つ。

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/585-075eb487

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT