二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

千秋公園「鯉茶屋」界隈今昔



時代は大正の始め頃、カメラは本丸から、桜花咲く二の丸の鯉茶屋付近を見下ろしている。





こちらは大正末頃の同地点。開放された二階のある鯉茶屋は、数年前に建て替えられるまで、ほぼこのままの姿で残っていた。

明治三十八年頃の創業で、初代経営者が店の前に広がる胡月池に群れる鯉にあやかり、鯉茶屋の名を付けたという。



看板の文字は「即席 御料理 寿し」。その下に籐細工の乳母車二台。



鯉茶屋の向かい、桜のもとでは食べ物屋らしき露店。


新聞広告 大正十年


桜の鯉茶屋 09.04


桜の鯉茶屋 09.04


ツツジと鯉茶屋 08.05

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/583-77dae290

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT