二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

掲示板のある風景・土手長町県庁前通り


土手長町県庁前通り 大正期

着物姿の子どもが立つ土手長町通りの右手に県庁の入口、左手の掲示板の向こうに、松と桜が植えられた土手が連なる。子どものいる位置から左(西)に目を向けると二丁目橋と二丁目小路(現・山王大通り)。


現在の同地点 08.09

昭和二十年頃までに旭川沿いの土手はすべて取り払われ、昭和三十年代、県庁舎の焼失後、土手長町通りのうち、旧県庁前の区画が拡幅されたため、大正期の風景と比較すると今の道幅はかなり広い。

右手にみえる高層マンションの場所にかつて存在した「協働社」の二階部分と歩道橋が連結していて、下に降りることなく直接店内に入ることができて便利だった。


大きな地図で見る

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 土手長町官庁街の中心地・秋田県庁舎

土手長町(ひみつ基地内タグ検索)

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

座頭小路のいちょうの木で検索したら、このブログに辿り着きました。感動です、こんなにも秋田の事が、詳しくて、これからも楽しみにしています。

| かおりん | 2009/04/14 15:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/573-caf3d929

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT