二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

逆さ桐紋ニワトリ・路上の顔

顔があるアルミ製境界表示板・その六



顔があるアルミ製境界表示板・その五」と同様に「日本土地家屋調査士会連合会」のマーク「桐の紋」入り。これを逆さにするとニワトリの顔になる。逆さマークの赤いトサカ、とんがったクチバシ。

境界を標示する杭・表示板にはバリエーションが多い。昔ながらのコンクリート製や御影石製の杭、プラスチック製の杭。

表示板のデザインも様々で、アルミ製・真鍮製があり、アンカーを打ち込まない、ボンドだけで固定するタイプもある。そのほか設置団体の名が刻印されたものも見かける。

そのなかで“顔に見える表示板”は、目玉(アンカー穴)のあるタイプだけ。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 まん丸目玉に三角の口・路上の顔

二〇世紀ひみつ基地 秋田市の顔・路上の顔

二〇世紀ひみつ基地 昆虫系?・路上の顔

二〇世紀ひみつ基地 額に傷ある前科者・路上の顔

二〇世紀ひみつ基地 桐紋鼻のデカパン・路上の顔

| 散歩写真・路上観察 | 20:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/04/03 12:34 | |

お久しぶりです。

着眼点がとてもユニークで面白いですね。
な~るほどと唸ってしまいました。(笑)

作者にそういう意図がないだけに面白いのでしょうね。

| じゃんご | 2009/04/11 20:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/572-032a5700

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT