二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「猫イラズ」掛看板

20050403195502.jpg
掛看板・升屋薬店(現舛屋薬局・土崎)県立博物館収蔵
大正初期

本舗 東京 成毛商店
猫より働く不思議によくきく鼠とり薬
登録商標「猫イラズ」
特約店 升屋薬店

20050403195447.jpg

暇そうにアクビする猫の首には「免職」の札、ネズミ取りには「オハライ物」の札が付けられ、うち捨てられている。

インパクトのある「ズライ猫」のロゴ、全体のデザイン、彫刻も秀逸で保存状態も良い。

「猫イラズ」は、明治三十八年、成毛商店から発売され、大正一年に商標登録される。それにしても「猫イラズ」とは、ナイスネーミング!。

20050403195429.jpg
大正八年広告

廿銭の猫イラズは百五十疋の殺鼠力があります然(し)かも使用法は誠に手軽で安全でそれで鼠が腐敗せずにミーラとなる不思議の霊薬なり
偽物あり猫イラズに御注意を乞う
発売元 薬種問屋 成毛英之助


「猫イラズ」の主成分、黄燐は、経口致死量・体重1kgあたり1mgという猛毒であることから、中毒事故や毒殺事件が発生し、大正のころには、猫イラズによる自殺が流行し、それを称して「猫自殺」などと呼ばれた。

また、戦後のヤミ市には「猫イラズ入りドブロク(または焼酎)」なるものが売られていたという。酒に少量の猫イラズをブレンドしたものを飲むと、しびれたような感触が味わえ早く酔える。ただしそれは、入れ過ぎるとあの世行きという命がけの快楽であった。秋田駅前のヤミ市でも、客の注文に応じて「猫イラズ入りドブロク」を出すホルモン屋があったと聞く。

成毛製薬は、主成分を変更した「安全ネコイラズ」を、現在も発売しているらしい。

| 広告・印刷物 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

..........!

成毛英之助は私の先祖ですっ!

| ayako | 2009/04/12 10:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/56-4f8b4c77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT