二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長沼に船を浮かべて蛍狩り


アルヴェから太平山を望む 08.12

秋田駅周辺の旧地名を長沼という。長沼は「長野の沼」という意味。

いにしえの秋田駅前から駅東地区は、長沼(黒沼ともいう)、手潟(手形の地名起源とされる)、赤沼、鍋沼など、広大な湖沼、潟と葦原が広がる地帯。

雁(かり)・鴻(ひしくい)・鳧(けり)・白鳥・鴨など、渡り鳥がおびただしく飛来し、夏には蛍が乱れ飛び、水面を行き交う舟もあったという。

久保田城が置かれた神明山(千秋公園)の東部に、湿地と湖沼が広がる地形は、東方からの侵入を防ぐ盤石な防御地帯となったが、干拓により幕末の頃には水田へと変容。

明治三十五年、南秋田郡広山田村長沼に秋田駅開業。同三十八年には秋田市に編入。


アルヴェから東を望む 08.12
右手のタワーは NHK のアンテナ棟

戦後になって、高度経済成長期の頃から徐々に宅地化が進み、見渡す限りの田圃のなかに、貸家や秋大生向きのアパートが建ちはじめ、そのうちに田圃と宅地の数が逆転、やがて区画整理されて新興住宅街に。



かつては葦原と湖沼が広がっていた駅東地区に水を注いでみた。往時の再現というよりも、これでは海面上昇により水没した町である。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 南木佳士『医学生』・秋大医学部

二〇世紀ひみつ基地 千秋公園より手形方面を望む

| 秋田市今昔 | 23:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

長沼

久保田城下の秋田の昔を知ることがマイブームです。
今でも残る当時の面影に興味大有りでrす。
このブログも大事な情報源です。
ますますのご活躍を期待してます。

| ジョニー | 2009/03/03 21:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/556-d7d38878

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT