二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

慈愛と異様・無名の現代アート


09.01

秋田市山王、秋田消防署脇の遊歩道にある、ハイハイする赤ん坊をかたどったブロンズ像の冬支度。その風体がすさまじくビンボー臭い。

胴体をタオルでぐるぐる巻きにした上に、コンビニ袋で包み紐で縛り、頭は手ぬぐいで頬被りし、これもコンビニ袋をかぶせるという念の入りよう。頭のボリュームからして、ひょっとして毛糸の帽子の上に頬被りしているのかも。

命のない彫像に感情移入し、防寒対策をほどこすという慈愛の行為は、お年寄りが地蔵さんに、“寒かろう”と、手縫いの着物を着せ、手編みの帽子をかぶせる心情と共通するものがあるが、この物件は“包帯で巻かれた嬰児”、もしくは“いざりの乞食”を連想させるような、ただならぬ異様さをただよわせている。

強引に付会すれば、これもひとつの“無名のアーチストによる作為なき現代アート”だ。そのタイトルは「包み隠された堕天使」とでもしようか。

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/537-5d0df182

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT