二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

那波紙店・町家

20050317224611.jpg
那波伊四郎商店 秋田市大町四丁目(旧・茶町梅之丁)
木造一部二階建、切妻造

茶町の通称「那波紙店」は、初代伊四郎が、那波三郎右衛門家から分家して、現在地に明治十一年(1878)創業。現在は紙・事務用機器を扱うが、創業当初は「升伊」を屋号とし、茶、砂糖などを販売していたという。当主は代々那波伊四郎を襲名。

創業時の建物は、明治十九年の俵屋火事で焼失したが、すぐに土崎湊の船宿を買い取り現在地に移築したもので、立ち上がりが高く、急勾配の屋根を構える明治期の町家と比べ、立ち上がりが低く、屋根勾配も緩いのが江戸時代の特徴という。

昭和四十年代まで、店に入ると土間があり、格子囲いの帳場で昔ながらの座売りを続けていたが、現在は改造され、近代的な店内になっている。初代から続いていたお茶の販売は、平成に入って先代が亡くなってからやめてしまった。

20050317224600.jpg

20050320005119.jpg
道路に面した南側面

奥行きが深い角地の町家で、道を隔てた南側にも古い土蔵が現役として活躍している。

那波伊四郎商店の向かい角地(現駐車場)には、明治四十二年創業の、県内初の電動活版印刷機(県立博物館収蔵)を備えた印刷会社・秋津活版印刷所があったが平成四年に廃業。

商店の道をはさんだ北角にあった、明治四二年創業の那波陶器店が廃業したのは同じころだったろうか。那波陶器店二代目の那波浩太郎は、秋田県書道展審査員をつとめた書道家。那波雲城の雅号で県内書道界の重鎮であった。那波伊四郎商店の木彫りの屋根看板は雲城が揮毫したもの。

20050317224546.jpg

那波伊四郎家の直系には、奥羽の四天王ともいわれ、その名は天下に知られた、俳人・吉川五明がいる。五明(幼名・伊五郎)は、京都から久保田に入った那波三郎衛門祐祥の五男として享保十六年に生まれ、十八歳のときに茶町菊之丁の吉川惣右衛門家の養子となる。その五代ほど後の伊四郎が那波総本家に婿養子として入り分家、それが現在の那波伊四郎家の初代ということらしい。


大きな地図で見る

20050317224531.jpg
那波伊四郎商店倉庫

店から少しはなれた所にある倉庫。
大正から昭和初期の建築だろうか。古い土蔵を改築した可能性もある。上部に刻まれた家印は本家・那波三郎右衛門家と同じ「一に三角」だが、「□」で囲まれている。




| 秋田市今昔 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/50-21369b2b

TRACKBACK

紙専門店

便せんを買いに、久しぶりに市内の紙専門店、那波紙店さんへ行ってきました。 外観もアンティークですてきです。 季節のはがきや便せん、...

| ナチュラル | 2008/04/08 09:20 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT