二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

○〆鎌田のアイスクリーム

終戦も間もない頃、マルシメ鎌田(現・(株)鎌田会館)の創業者社長は、一本1円50銭のアイスキャンデーをリヤカーにのせ、鈴を鳴らしながら街を売り歩いた。

やがて、行商で稼いだ資金を元手に、秋田市柳町、次いで金座街に冷菓専門店をかまえ、製造・卸売ならびに冷菓製造機器・原料の販売を開始、それから数年後、○〆マークのアイスクリームは県内最大の冷菓ブランドに成長した。


昭和26年 新聞広告

「アイス饅頭・アイス天ぷら」については「接吻ヨリ甘イ・あいすまんじゅう」に。

昭和30年代に入ると、大館と大曲に支店を設け、県内全線の駅構内に出店、「アルプス」のブランド名を使いはじめる。


昭和34年 新聞広告

「アルプス」は森永乳業のブランドで、当時のマルシメ鎌田は「アルプスアイスクリーム秋田県委託工場」だった。


昭和33年 新聞広告

アイスクリーム魔法瓶を無料貸与、まだ少なかった電気冷蔵庫の方は500台用意し、シーズン5000円で貸し出す。

宇宙時代の新製品、ロケットをかたどった「トップスター」の包み紙に「マルシメ鎌田」と「アルプス」の文字がみえるが、これと同じ商品を森永乳業が発売している。


森永アイスクリーム・トップスター

冷菓を運ぶのに必要な冷凍車はまだ高価な外国車、燃費も悪く遠方まで運ぶにはコストが掛かりすぎたため、メーカーは各地に委託工場を置いて製造させたのだろう。

その後、アイスクリーム、酒饅頭のほかに、菓子、清涼飲料にまで営業品目を広げ、昭和38年からは麺類の製造販売を開始、自社経営の食堂でもこの麺を使っていた。


昭和36年 書籍広告

中央大手メーカー進出のきざしが表れた昭和42年、冷菓事業から撤退、麺類製造も昭和50年代に手を引き、飲食サービスに経営の重点を置くようになる。

_________

関連記事

鎌田の酒まんじゅう

秋田初のミスドは鎌田会館一階に

秋田駅前「金座街」晩期

懐かしき昭和のアイスクリームたち

アイスクリーム魔法瓶のある風景

接吻ヨリ甘イあいすまんじゅう

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/496-a3c931f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT