二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢幻(ゆめまぼろし)の「ミステリーUFO」

6月の「東京おもちゃショー2008」で注目を集め、この29日に発売された「ミステリーUFO」というおもちゃが、今ちょっとした話題になっている。

百聞は一見にしかず、これがそのテレビCM。


例の「踊る紙人形・ジョニー君」にも似たインチキ臭さもただよわす、「ミステリーUFO」の開発者は、ハイテク遊具「Xジャイロ」を売り出した人物というが、これもまたジャイロの原理を利用したおもちゃなのか?。

「Xジャイロ」は野球のジャイロボールの練習用具としても利用され、スナップを利かせて投げれば、180メートルほど飛行する遊具。わざわざお金を出して購入するまでもなく、ペットボトルを加工すれば簡単に作れるが、うまく投げられるようになるまでには、それなりの訓練を要する。

紙製のフライングディスク「ミステリーUFO」にはたして、2000円弱の価値があるのか、「ジョニー君」のようにがっかりさせられるのか、それは買った人にしかわからない。なかなか巧妙な商売である。

買った人にしかわからないといったが、発売から一日を経過して、そろそろ被害者、じゃなくて購入者のレポートがブログで発信されはじめた。内容は推して知るべし。

日本の代理店であるラングスジャパンの社長は、「ミステリーUFOはお客様の知的やさしさを信じて世に出した商品。日本人がこの商品をどう受け入れてくれるのか?」と、曖昧な表現で自らのブログに書いているが、「知的やさしさ」というのは「ジョークをジョークとして笑ってくれるエスプリ」のことなんでしょうね、きっと。

_________

関連リンク

ミステリーUFO ラングスジャパン代表小林美紀ブログ

ペットボトルを使って(その3)
Xジャイロのつくりかた

Xジャイロで完璧な投げ方を身に付ける方法

関連記事

テキ屋のジョニー君
テキ屋のジョニー君再び・動画特集

| 読む・観る・聴く | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/486-8aedcb9a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT