二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大町通りを俯瞰する(其二)・戦前風景


大町三丁目から南を望む

カメラは大町三丁目通りの中央・東側に存在した火の見櫓の上から、前回の記事「大町通りを俯瞰する(其一)」とは反対の南側に延びる大町・本町通りを俯瞰している。時代は大正後期。

右手に、明治四十五年竣工の「秋田銀行本店」(現・赤れんが郷土館)、煉瓦塀で仕切られた、現在は赤れんが郷土館の駐車場兼小公園になっている場所に、手前から「鈴木文具店」、三丁目小路(現・すずらん通り)角地に「平野商店」。

創業明治二十二年という「平野商店」は、洋品・雑貨・煙草などを扱う店で、後に向い側のすずらん通り角地に移転し「ヒラノヤ洋品店」。現在は飲食店の入る貸しビルになっているが、その一角で今も煙草を扱っている。

「平野商店」の奥、三丁目小路をはさんだ角地に建つ、藩政時代からの髪結い処「勇床」は、「松村理容店」として現在までつづく床屋さん。その一軒おいて隣に「国産金銀細工 竹谷・・・」の看板が掲げられた店は、大町二丁目「竹谷」の分店か。


手前から、秋田銀行本店煉瓦塀・鈴木文具店・平野商店・勇床

本町四丁目(現・大町四丁目)に目を移すと、左手に「秋田郵便局」、その向かいに旅館「沖ノ口屋」、その南隣が今も同じ場所で診療をする「中村歯科医院」、さらに奥の二階建て洋館が「安田銀行秋田支店」と思われる。


本町四丁目

大正十五年発行の案内図によれば、「安田銀行秋田支店」の南隣に「二星太物店」「加賀正呉服店」(現在は仲小路に移転)「佐藤太物呉服店」と並ぶ。もともとは大町と同様に本町四丁目も藩政期からの呉服店街であったが、大町三町よりランクが下がり、昔は「絹布・木綿切れ・古着」の三種に限って販売が許されていた。

「秋田銀行本店」のドーム上に取り付けられた避雷針の向こうに見える大きな木造建築は、その位置と特徴からして、豊島町(現・大町五丁目)のNTT秋田大町局の場所に昭和十二年まで存在した「旭北小学校」ではないだろうか。


秋田銀行本店の避雷針越しに


大正十一年・広告


中村歯科医院(明治四十年・広告)勇床(明治三十五年・広告)

米国はキヤリホルニヤの歯科大学で習得した欧米最新式治療を謳うドクター中村。
白髪染粉の取次所で、店でも髪を染めてあげる、衛生理髪大勉強の「勇床」。


大正二年・広告

_________

関連記事

秋田郵便局変遷・大町四丁目

大町通りを俯瞰する(其一)・戦前風景

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/473-c5c282c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT