二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「竿燈」をパクリ続けた「がいな万灯」の新デザイン

「日本海新聞」に「竿燈」をパクリ続けた「がいな万灯」の新デザインについての記事が掲載された。


日本海新聞web 版より(画像クリックで本文へ)

 新しい万灯のデザインは「米子」にちなんで「米」の形をイメージし、中段のちょうちんを増やして全体をひし形にする▽吹き流しを取り付ける▽最上段と最下段のちょうちんを六角形とする-などの改善を加えた。

 今夏のがいな祭で新しい万灯一基を披露し、来年度から全基モデルチェンジする方向だ。日韓交流おまつりには竿燈も出場し、新デザインの万灯と競演することになる。

‥‥中略‥‥

 万灯振興会の鶴田会長は「秋田の竿燈は親であり、師匠。敬わないといけない。交流に向けてスタート地点にようやく立てた」と話している。

日本海新聞web 版「がいな万灯 分家騒動決着 「米」形にチェンジ」より

外町の職人を中心とする先人たちが、情熱と苦労を積み重ねて現在に至る「竿燈」の技術と伝統を盗み、ながいあいだ念書で交わした約束を反故にしておきながら、いまさら親だの師匠だのといわれても、その言葉がむなしく響くだけ。簡単に「決着」という言葉を使わないでほしい。

ただし、竿燈の心までは盗むことはできない。どんなに形を真似てみても、伝統に支えられた竿燈に対する心意気は、そう単純に真似ることはできない。よく似ていても、それは本物の紙幣をコピーした偽札。同じステージに立っても、そんな心意気をみせてほしいものだ。

_________

関連記事

「竿燈」をバクッた「がいな万灯」の顛末

竿燈(ひみつ基地内検索)

関連リンク

秋田竿燈まつり - 国重要無形民俗文化財


がいな万灯 分家騒動決着 「米」形にチェンジ-日本海新聞

| 祭り・民俗・歳時記 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/458-ffa2ec63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT