二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

植木市とセントラルデパート・1972


八橋運動公園

恒例の植木まつり(植木市)の季節である。

植木まつりが始まった昭和30年代からずっと、千秋公園入り口の中土橋が会場だったが、秋田中央道路(地下道)の工事で八橋に移転、工事完了後も中土橋に帰ることはなかった。

中土橋に所狭しと展示して開かれる植木市は、新緑まぶしき千秋公園の歴史的風景と相まって、おもむきのある五月の風物詩であった。八橋公園内の会場は広く駐車の便も良いが、中土橋のような情緒がない。


72.05

昭和47年(1972)の植木まつりの一コマ。休日の昼下がり、大勢の見物客でにぎわう中土橋の正面に、派手な看板をみせているのが、広小路の「秋田セントラルデパート」。



このときの大看板には、60年代末から70年代にかけて流行したヒッピー文化から発生したフラワームーブメント調の「ナウい」イラストがペイントされている。


雑誌広告より 1970

初期は三階に、千秋公園を借景にした展望の良い大食堂の他、イベントスペース、スロットレーシング場、ゲームコーナー、森永ミルクスタンドなどがあった。

昭和40年(1965)、市内の小売業者が協同組合を結成して立ちあげた「秋田セントラルデパート」がオープン。開業当初から経営不振が続き、70年代に全面改装、ターゲットを若い女性に合わせて一時は成果をあげている。

平成3年(1991)、株式の九割を売却し不動産会社が経営権を取得、翌平成4年、新菱グループの手に渡り、平成6年(1994)「セントラルビル」解体、跡地は駐車場となった。

_________

関連記事

広小路空中散歩・1975・2007

川反にサーキット場があった時代

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いい時代ですよね

ずっとロムってるつもりでしたが、我慢できずにって感じで失礼しますv-16
やっぱりイベントスペースあったんですね?昔々確かにここでギター弾いたことありました。
骨董品屋で買ったメーカーが?なエレキでした。
多分通町だったと思うのですが、エレキやガットを吊るして売ってた骨董品屋さん、ご記憶ないでしょうか?

| 2tom | 2008/05/26 19:53 | URL | ≫ EDIT

2tom さん

セントラルのイベントスペースでは美術展とかやってた記憶がありますが、
音楽系のイベントもあったんですね。

隣の「古沢ビルディング(長崎屋)」の6階か7階にも貸しスペースがあって、
70年代、山平和彦率いる「あきたおんがくくらぶ」がコンサートを開いていました。

通町の骨董屋というと、今の「せきや」の並び、東側にあった橋本古物店だと思います。

| 二〇世紀ひみつ基地管理人 | 2008/05/26 20:39 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2008/05/26 22:25 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/434-57210ab6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT