二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋田銀行発祥の地・茶町菊ノ丁



二丁目小路(現・山王大通り)方向から北に位置する、茶町菊ノ丁・上肴町・通町を望んでいる、大正期の撮影と思われる写真。

菊ノ丁は現在の大町二丁目、ニューシティビル裏通りの、かつては名だたる豪商が建ち並んだ通り。明治十九年の俵屋火事、明治三十八年の大火で被災しているため、それ以降に建てられた店が大半を占める。

西側(左手)の洋風建築が「第四十八銀行」。明治十二年に本県初の銀行「第四十八国立銀行」として、旧士族が株主となり資本金六万円で設立された。発起人は土崎の豪商・菅礼治、初代頭取に士族の代表として横手城代・戸村義得が就任。

明治五年、明治政府はアメリカの銀行制度を手本に『国立銀行条例』を制定。この条例に基づき各地に国立銀行が設立されたが、実際は民間人が経営する私立銀行であった。「第四十八」の番号は、四十八番目に設立された国立銀行を意味する。


第四十八国立銀行五円券

国立銀行紙幣は日本ではじめて造られた洋式銅凸版印刷紙幣、一円紙幣が水兵、五円紙幣が鍛冶屋の図柄で、明治政府のお雇い外国人エドアルド・キヨソネ(イタリア・銅版画家)がデザインを担当。

各国立銀行で同じ図案だが、中央下部に「第四十八国立銀行」、その両サイドに頭取・菅礼治と支配人・山中新十郎の名が配されている。


第四十八銀行(明治三十九年竣工)

明治二十二年、「第四十八国立銀行」は、株式会社「第四十八銀行」に改組。昭和十六年、第四十八銀行、秋田銀行、湯沢銀行が合併して現在の株式会社「秋田銀行」設立。

画像の洋風建築は昭和十一年解体、新築された「第四十八銀行」が、昭和十六年から「秋田銀行」本店(現在の「赤れんが館」は大町支店)、昭和四十六年、山王に新本店が落成、本店が移転した跡をうけて「秋田銀行」大町支店となる。


昭和十二年落成、第四十八銀行(合併後に秋田銀行本店、のちに秋田銀行大町支店)

昭和五十四年、現在の大町支店(秋田第一ビルディング)落成。


秋田銀行大町支店前

その昔「第四十八銀行」の場所に住んでいたのが、荒物茶紙商「吉川惣右衛門」家。吉川家には那波三郎右衛門の五男・祐之が養子に入り繁栄を極め、隠居後は「五明」の俳号で奥羽四天王と称されるほどの俳人となる。

「第四十八銀行」北隣の町家は昭和初期頃の地図によれば「那波喜助商店」。もともとは宝暦七年の銀札事件(秋田騒動)のとき札元になった豪商「見上新右衛門」家のあった所という。安永二年にエレキテルでお馴染みの平賀源内が来藩したときには見上家が宿舎に選ばれている。

「第四十八銀行」南隣に、冠木門を構える「鈴木喜右衛門」家は、久保田藩の御用商人として質屋を営んでおり、その宅地は戦後、山王大通りの拡張で道路となった。

東側(右側)に目を移すと「中村志ちや(質屋)」と判読できる町家。手前の堰には石橋が渡されている。


中村質屋

中村三右衛門・善兵衛を代々名乗った中村家は、水戸時代の佐竹氏に出入りし、秋田に移って藩の御用商人として、土崎港、能代港の開発にあたった。見上家と同じく銀札の札元。経済学博士で東大の教授も務めた中村常次郎(M40-S55)の生家でもある。

中村質屋の数軒向こうの、ひときわ軒の深い天水甕の上がっている町家が前に書いた「三浦傳六商店」。その手前に「岡田時計店」の看板が確認できる。


右に三浦傳六商店


茶町三丁(縦文字が旧町名)


現在の旧茶町菊ノ丁 07.08

_________

関連記事

タウトの観た秋田市・茶町菊ノ町・上肴町
茶町の老舗・三傳

茶町(ひみつ基地内タグ検索)

| 秋田市今昔 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/430-8ee5c846

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT