二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アゴラ広場「巨大かぼちゃ」の行方

「草間彌生展 PUMPKIN FOREVER」も四月中旬で終わり、秋田駅前・アゴラ広場に展示されていた、草間彌生のインスタレーション「巨大かぼちゃ」も分解撤去された。長いあいだ見なれたものが突戦消えるとなんだかさみしい。


08.01.23 アゴラ広場

その「巨大かぼちゃ」の行方だが、フォーエバー現代美術館を運営するウィズユーグループ(医療法人惇慧会)の広報誌によれば、グループが新たに開設する、外旭川サテライトクリニックの屋上にシンボルとして設置されるのだそうだ。院内には画家・法貴信也のオブジェなど芸術作品も多く展示されるとのこと。


外旭川サテライトクリニック完成予想図(WITH YOU Vol.11 より)

設計段階では「巨大かぼちゃ」を設置する計画はなかったのかも知れない、特徴のないごく普通の建物に、それがのっかているのが、なんだかアンバランスかつユーモラスである。


香港・海港城に於ける「草間彌生展」2007.10.09-31
蘋果日報(香港) より

このインスタレーションはもともと、見上げる(鑑賞する)のではなく、地上にあって誰もが触れることのできる身近なアートとして作成されたものと思う。できるならば直島の「赤かぼちゃ」のようなオープンスペースに置いて、いつでも自由に遊べるようにしてほしかったが、そのためにはスペースを確保しなければならないわけで・・・。


草間彌生「赤かぼちゃ」香川県香川郡直島町
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

_________

関連記事

アゴラ広場に巨大かぼちゃ出現

関連リンク

ウィズユーグループ

| 散歩写真・路上観察 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/420-2c222345

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT