二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ひまわり」がアゴラ広場のシンボルだった



昭和59年(1984)4月、秋田駅前「金座街」跡地に「買物広場」(アゴラ広場)とバスターミナルが誕生。そのシンボル的な存在が、太陽光自動集光伝送装置「ひまわり」であった。

広場の中央に設置された「ひまわり」は、球体に覆われた複数の特殊レンズで太陽光を集め、光ファイバーを通して地下商店街のフラワーショップに送る装置。

植物のひまわりのように自動的に太陽を追尾するレンズが太陽光の有害要素をカットし、有用な可視光線だけを地下に送るという画期的なハイテク機器で、夜間は幻想的な光を広場に放っていた。

昭和54年(1979)、慶応義塾大学理工学部教授・森敬(森ビル創業者・森泰吉郎氏の長男)が、一眼レンズのプロトタイプを試作、「森ビル」の建造に伴って浮上していた、日照権問題の対策が当初の開発目的だったという。

秋田駅前に「ひまわり」が設置された翌60年(1985)、「つくば科学万博」会場の「三菱未来館」前と「政府テーマ館」に展示されて注目を浴び、同じ年に開催された「ユニバーシアード神戸大会」の聖火「科学の火」は、「ひまわり」で集められた太陽光で点火された。

「ひまわり」はその後、森敬が起業した会社で商品化、家庭用から法人向けまで幅広いラインアップのシステムが製造され、レンズの改良を施した電源不要の太陽電池駆動式「ひまわり」の開発など、現在も進化を続けている。

設置から数年後、アゴラ広場の「ひまわり」は故障のため動きを止め、やがて撤去されてしまう。


07.04 アゴラ広場

_________

関連リンク

ラフォーレエンジニアリング株式会社
太陽光採光システム「ひまわり」製造元(森ビルグループ)

神戸の街のこんな星・中央区
現在は「神戸海洋博物館」に展示されている、つくば博の「三菱未来館」あった「ひまわり」。アゴラ広場にあったものと同タイプ。

関連記事

秋田駅前(ひみつ基地内検索)

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

久しぶりの書き込みです。ゆうきです。
こちらのブログを見に来ますと、いつもホントに懐かしい気持ちになって、ホッとします。

私は高校生のとき、アゴラ広場のすぐ近くのタイトー直営のゲームセンターでよく遊んでいたんですけど、(お店、絵の「ひまわり」の右手にちらっと見えますね)あの丸いオブジェが、太陽光採光システムだったなんて、知りませんでした。
いつの間にか、無くなってしまってたんですね。。。

| ゆうき | 2008/03/21 19:34 | URL |

こんにちは

秋田エキマエ応援団のekirakuです
こんにちは

そんな時代の最先端のものがあったんですね
故障して撤去されてしまうのが秋田らしいような……(*_*)

もしあればエコの今、また脚光を浴びたかもですねぇ~

| ekiraku | 2008/03/24 06:16 | URL |

ゆうきさん
そういえば、レコードの全音の隣、緑屋の増築部分にゲームセンターがありましたね。

ekirakuさん
「ひまわり」が故障した頃には球形ドームの部分が曇って透明度が無くなり、
外観もみっともない状態になっていました。
当時の最先端とはいえ、まだまだ試作段階で、
運用コストを考えると「エコ」とはほど遠いものでしたので、
撤去したほうが良かったと思いますよ。
イベントとかあると邪魔になりますしね。

| 二〇世紀ひみつ基地・管理人 | 2008/03/24 18:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/408-f4159638

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT