二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勝平得之「蛇柳夜景」広小路


勝平得之『千秋公園八景・蛇柳夜景』昭和十年

夜空に咲く花火を見上げる人々、穴門の堀の向こうに千秋公園の丘、そのてっぺんに三角の旗がなびいているのは、本丸に掲揚されていた気象予報の旗。昼は旗の色、夜間はサーチライトの色で天気を予報していた。広小路に面した堀端の大きな柳の木が表題の「蛇柳」。

右手の古川堀端町に料理屋のような二階建ての建物。柳の木の向こうに小さく描かれた樹木は鷹匠町の「鷹の松」か。

「蛇柳」が存在したのは、「木内」の向かい、古川堀端町通りへの曲がり角、大正初期から戦後まで「佐々木靴店」のあった場所である。

得之が「蛇柳夜景」を発表した昭和十年、「蛇柳」の姿は建物に隠れて、広小路からは頭頂部しか見えないはずで、「蛇柳夜景」は得之が子どもの頃に見た記憶のなかの風景か、もしくは実景をもとに再配置した架空の風景なのだろう。

周辺は現在、既報のように建物が解体され更地になったため、「蛇柳夜景」とほぼ同じ視点から撮影することがができる。


08.01

左手に古川堀端町通り、右端に千秋公園の丘。

前回の「広小路より古川堀端町通りを望む」に掲載した画像を拡大すると、矢印の下に「蛇柳」らしき樹木がぼんやりと写っている。その右手の平屋建てが「蛇柳夜景」に描かれた二階建ての前身だろう。


矢印の下に「蛇柳」らしき樹木


03.05 中土橋より古川堀反通りを望む

上の画像から約八十年後の同地点。増改築されてはいるが、その位置と特徴的な屋根の形状から、戦後は旅館になっていた正面の建物(現在は更地)が「蛇柳夜景」に描かれた二階建てと同一物件と推定される。

●伝説の蛇柳

『羽陰温故誌』の「蛇柳神社」によれば、・・・広小路の堀端に妖しい小祠があり、祭神は不詳。祈願する者は編笠と七種類の菓子を供えるという。子供の夜泣きにこの笠を借りてきて、頭にかぶせると必ず霊験があり、そのため編笠と穴明き石が多く納められている。・・・と記されている。

大正頃までは随分と遠くから参詣があり、参拝者たちは向かいの「木内商店」に寄るのが常で、木内家ではそんな人たちのために食事などでもてなしたという。

『羽陰温故誌』に記された蛇柳神社は戦後、古川堀端町の「雄柳大龍王尊神社」に合祀される。


蛇柳の祠

かつては「蛇柳」の樹下に鎮座していたという石の祠。屋根の部分に「三つ星に一」の家紋がみえる。

「蛇柳」は久保田城築城に際して、永代の記念として植えられた一本ともいわれ、他にもさまざまな伝説が語られている。

勝平得之の「蛇柳夜景」に描かれた柳は、「蛇柳」にあやかって「柳陀」という俳号を名乗った、「木内商店」の主人・木内隆一氏があとから植えなおしたものらしい。


大きな地図で見る
「蛇柳」跡

_________

関連記事

勝平得之(ひみつ基地内検索)

穴門の堀に龍神を観た・広小路「蛇柳」跡ポケットパーク

広小路堀端・定点観察

堀端から消えた龍神さま

県民会館の土手から西を望む・大正期

| 秋田市今昔 | 22:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本当に懐かしいです。

蛇柳の話は初めて知りました。
隣りの旅館(料亭?)の一階だったと思うのですが
私の少年時代には理髪店があり毎月お世話になってました。
建物内の奥まったところに店舗があったのですがこの記事で
元々は旅館の一部だったのかと納得しました。

ふた昔前までは駅から大町周辺にかけてこのような旅館がまだまだありましたね。
5歳くらいのとき(70年代前半)大町にあった藤本旅館の解体を見に行ったことなどを思い出しました。

| パーラーの息子 | 2008/10/24 02:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/405-fa6193d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT