二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春を待つ雪国の飴・雪たん飴



練餡を飴で包み、伸ばして木型で押し切る。大館のアメッコ市でも定番の、手作りの素朴な切り飴。

小正月の「まゆだま」を連想させる紅白のやさしい色のとりあわせ、ひとつひとつ表情の違うカタチの面白さ。

大きめの飴をほおばると、最期にあんこが口の中でとけて広がる。

子どもの頃は「あんこ飴」と呼んでいたこの飴の正式名称は「雪たん飴」。

江戸時代に富山で創業し、明治期に小樽に渡った「飴屋六兵衛本舗」が、昭和三十年頃売り出した、「雪たん飴」。そのネーミングは、山積みされた石炭に白い雪が降り積もる様子をイメージして命名された。商品名の候補に「石炭あめ」もあったという。

| 食材・食文化 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/401-7575f1ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT