二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

来客に「茶町遠くて」不調法

茶町の茶舗「繁田園」


秋田市茶町通り「繁田園」 04.07

武州狭山、現在の埼玉県に文化十二年(1815)創業の老舗・繁田製茶が、東北地区への狭山茶販路拡大の一環として大正五年、秋田市茶町扇ノ丁に支店を開設したのが今の繁田園。この秋田店からさらに、仙台繁田園、札幌繁田園、盛岡繁田園、東京繁田園がのれん分けされた。

繁田製茶が昭和初期にはじめた茶会から、のちに煎茶道流派「狭山流」(きょうざんりゅう)が誕生する。


新聞広告 大正十年

茶袋や店舗の看板にこの「丸に玉」の商標が使われていた記憶がある。商標が現在の「丸に州浜」に変わったのは、そんなに古いことではない。


繁田園側面 04.07

時代ごとに三層構造をみせる繁田園の建物はパッチワークのようで面白い。いちばん新しいタイル張りの店舗部分。焙煎機があるモルタル造りの後方(左)部分、その真ん中の二階部分だけが創業時のものと推定される三角屋根の木造建築。

はじめに初代木造店舗の後方をモルタルで改装、次に正面の木造店舗をコンクリート建築に新改築(昭和三十六年)、という順に改築を重ねた結果、現在のようなつぎはぎ建築物になったと想像される。できるならば、山形繁田園のように初代店舗を残してほしかったが・・・。

繁田園が進出地として選んだ茶町で、藩政期に独占販売を許された商品は、茶、紙、綿のほか、砂糖、畳表、傘、位牌、扇子などの雑貨品、これらは「茶町物」と呼ばれた。かつて茶も扱っていた梅ノ丁の那波伊四郎商店(現・那波紙店)は紙専門店となり、この町の歴史からすれば新参者にすぎない繁田園が唯一の茶舗として、ときおり漂う茶葉を炒る香ばしい香りとともに、今ではすっかり茶町のシンボル的存在となっている。

●「茶町遠くて」も今は遠くて

突然の来客に対して秋田市で使われてきた「茶町とぎくて」=「茶町遠くて」という、今では聞くこともなくなったことばがある。

茶町は砂糖の専売が許された唯一の町、つまり「茶町とぎくて・・・」とは、茶請けの菓子など「甘いものが用意できなくて不調法します」といったニュアンスの言い訳のあいさつで、物資不足で砂糖が貴重品となり、めったに手に入らなかった戦時中も、さかんに使われたという、なんとも奥ゆかしきことばである。

茶町三丁(縦文字が旧町名)

北から菊ノ丁(ニューシティービル裏、現・大町二丁目)、扇ノ丁(繁田園のある、現・大町三丁目)、梅ノ丁(那波紙店のある、現・大町四丁目)の茶町三丁は、旧町名のなかでも美しい町名。

昭和四十年代に茶町の町名は消えてしまったが、平成十六年、道路の愛称として「茶町通り」の名が復活している。


茶町通り 05.03

_________

関連リンク

茶の繁田・株式会社ハンダ

城下町やまがた探険地図: 繁田園茶舗
大正二年開設 山形繁田園

関連記事

那波紙店・町家
日米看板対決「ローソンvs繁田園」


| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

埼玉県在住のものです。繁田園は、札幌、仙台、秋田にもあったんですね。
埼玉県にある「茶のはんだ」さんは店舗ではないので、入間市のジャスコに行って、「ヘルシーカテキン茶」を買って、飲んでいます。特許を取得したりとすばらしい、形跡をもった会社ですよね。
「雲仙焼」も繁田のご先祖様が考えたんですよね。すごいですね~

| お茶大好き! | 2008/01/17 16:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/389-138d4f15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT