二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お家のテレビをシネラマに・昭和30年代


新聞広告 昭和35年(1960)

NHK秋田放送局がテレビ放送を開始して間もない時代の、テレビジョンのブラウン管の前に装着して、映像を拡大する凸レンズの広告である。

昭和30年代のブラウン管サイズの主流は14インチで、35年当時の価格は5万5000円から6万円ほど。17インチとなると10万円を越える価格となる。小学校教員の初任給が9千円の時代、テレビジョンは大量生産による低価格化が進んだとはいえ、まだ月給数ヶ月分に相当する高級品であった。

「テレスコープ」「スーパーワイダー」などと命名された、高価な大型テレビジョンにあこがれ、ブラウン管の前に取付けられた、プラスチック製レンズのほとんどが透明なものであったが、なかには薄いブルーやピンクに染められたものも存在した。

広告の製品はレンズの中に液体が注入されていて、その液体が光線を吸収して目が疲れないというものだが、その効果は限りなく怪しく、決して安い買物ではない。

拡大鏡効果の無い合成樹脂版に、単色、または上下が違う色で着色しただけの製品も販売されていた。それらの彩色フィルターを通したモノクロ映像に、まだ観ぬカラーテレビジョンを夢見ていたのである。

色付きセロファンをブラウン管に貼って、カラーテレビジョンの雰囲気を味わった経験のある、同世代の方もおられると思う。


イメージ画像

昭和34年、皇太子御成婚パレードがテレビ中継されたのを機に、テレビジョンの普及が加速するが、35年の普及率はまだ33%ほど。もちろん我が家にもテレビジョンは到来していない。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです。
懐かしいですね。
中に水を入れるようになっていましたね。
近所の誰かが買うと、次々と皆が買う、妙にライバル意識の強い時代だったような。
それにしても広告の文面、「光線を吸収」したら何も見えなくなりますよね、いい加減な広告ですが、時代を感じさせられて、今なら許せますね(笑)。

| じゃんご | 2007/12/12 20:05 | URL | ≫ EDIT

確かに何も見えなくなりますねえ。
水が入ったレンズは、丸い金魚鉢越しにテレビを見ているような物で、
鮮明な映像とはお世辞にもいえず、樹脂製だから傷がつきやすかったと思います。
そういえば、古いテレビモニターを改造して水槽にして楽しんでいる人もおりますね。

| たふらんけ。 | 2007/12/12 20:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://20century.blog2.fc2.com/tb.php/372-4bd14c94

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT